so-netブログには「アクセス解析」という項目があるのですが、きょう久々にそこをのぞくと、昨年10月に書いた焼き芋ネタへのアクセスが急増(笑)。お気持ちよーくわかります。私は今年も、せっせとサツマイモを食べてます。ということで、昨年の記事に、私の1年間の経験を足して、再掲します。

----------------------------------------------------------------------------

9799030.jpg


日テレ『所さんの目がテン!』(07年10月放送分)で、”おいしい焼き芋の秘密”をやってました(画像はイメージ)。サツマイモを加熱すると、酵素がデンプンを分解して糖分に変え、甘くなるそうです。その最適条件はイモの内部の温度を60~70度で10分間キープすること石焼きはこの条件にぴったりな方法だそうです。一方、電子レンジで普通に加熱するとキープ時間が短すぎてだめなんだとか。

と、↑ここまでが、日テレの番組情報。

ネットでいろいろ調べてみると、同じ番組を見て、実際においしい焼き芋に挑戦された方がおられました。その方の発見された方法をもとに、私がやっている方法がこれ↓です。

1、サツマイモを新聞紙でくるむ
→ラップだと蒸気でイモが蒸れてしっとりします。ラップをとって1分ぐらい放置すると、蒸気が抜けていい感じになります。「電子レンジに新聞」は怖いなあという方は、ラップでどうぞ。

2、電子レンジで約1分半加熱する。新聞の表面に触れるとじんわり温かいぐらい(約60度)
→大事なのは「内部」なので、表面はさっさと加熱します。

3、さらに電子レンジの解凍で10分程度加熱する(中ぐらいのイモの場合)
→大きいイモの場合は、途中でひっくり返すとさらにいい感じです。イモの大きさによって時間を調節してください。

4、1~3をしてもまだイモがかたい場合は、解凍ではなく「レンジ」で、普通に3分ぐらい加熱する
→イモの糖度は、約60度/約10分間の加熱でピークになり、あとは何時間加熱しても変わらないそうです。ということで、約10分間「解凍」したら、あとは一気にチン!してしまいましょう。


たったこれだけで、石焼芋のような甘みとホクホク感が出ます。今年は、実家から送ってきたイモで作りまくり。今年も大成功!焦げがほしい場合は、この後にちょっとガス火であぶればOK。

これまで「魚焼きグリルで50分」コースは試したことがあって、でも全然おいしくできなかったのです。でもこの方法なら10分ちょっとでできて、絶対に失敗しない。すごいぞ電子レンジ。お試しあれ。

※ちなみに、上記の方法で何度試してもイモが甘くならなかったり、パサパサしたりする場合は、悪いのはイモです(断言)。または、そんなイモを扱っているスーパーです(断言)。ちゃんとしたイモでやれば、成功率100%です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。