So-net無料ブログ作成

グラチャン男子:イラン戦、このチームやっぱりダメだな。 [バレーボール]

グラチャン男子イラン戦は1-3の完敗。最重要の試合のはずなのに、石川をコートに立たせるだけのために交代を1回使うガイチとお遊戯してる園児たち。え?自分ら、あほなん?そもそも遅延行為でしょう。審判はイエローカードを出すべきでした。

などなど悪口をたくさん書き終わって一度アップしたのですが、そのあと↓このニュースを見つけました。

日刊スポーツ9月16日23時13分配信から引用
試合後の中垣内監督はその点を指摘されると「あれは山本と石川のメンバーを間違えて申告していました。取り返しのつかないこと。1本サーブが入る前にメンバーチェンジをしました。つまり、1セットのメンバー交代を1回損したことになります。もちろん、山本にスタメンは言ってありました。入れ間違いがあった。ついついいつももクセで。本来あってはいけないこと。ヒューマンエラーの1つです」と、正直にドタバタの舞台裏を明かした。

え?前任者の交代枠7回目事件に続いて代表監督がこんなミス?選手たちのお遊戯じゃなかったことはよかったですが、さすが自分にも他人にも甘いガイチ。イタリア戦でちょっと健闘したらもうこのゆるみっぷり。

お遊戯だと思ったのであまりにうんざりして午後7時半から見始めたのに見終わったのが午前0時半というどうでもいい試合のローテはこちら。

 藤井         李    柳田

 石川←お遊戯の主役  山内   大竹   L井手
------------------------------------------------------------
ガエミ        ガフール  ファエジ(MB)

セイエド(MB)  マルーフ(S) エバディプール  Lマランディ


そういうチームがイランと対戦し、第1セットこそイランが「慣れるのに時間がかかった」(コラコビッチ監督)ために拾えたものの、あとはずっとビハインド。リードした場面はほぼなく、第4セットにいたっては11点差という。各国のチームが日本開催の日本戦で大観衆の前で慣れるのに時間がかかるのはもはやパターン。それも込みでのなんでもかんでも日本固定開催なわけで、セットが取れて当たり前です。

でもまあ気を取り直して、第1セットで日本のよかったところを・・・えーっと、ヤマカンブロックでマルーフに振りまわされてたとこじゃなくて、大竹が返すチャンスボールがことごとくイージーだというとこでもなくて、山内が相変わらずリバウンドボールをつなげないというところでもなくて、そう、山内!

山内ってターン打ちができるようになってたんですね!山内といえばクイック、クイックといえば、そう、18-17の場面!藤井がワンハンドでにクイックを打たせたあれはうまかったなー。よかった。いいところが2個も見つかりました。

悪かったところは全部なんですが、大会を通じてずっとダメなのはコート中央のボールに対応できない守備意識の低さかなと。コート中央をどう守るかは、サークルや部活から世界トップまで共通のトピックだと思うのですね。それが当たり前にできるチーム=守備の練度が高いチーム、という指標にもなります。

そういう意味では、日本はまだまだ全然少しも練り上げられていないですね。これって新人とか若手とか関係ない分野。そういうバレーをしてこなかった選手たちが集まって代表になってるという日本バレー界の構造的な問題かなという気がします。

構造的な問題で言えば、小野寺「サーブレシーブをするのは人生で初めて」発言が紹介されてましたが、これも衝撃的ですね。中学3年からバレーをやってて、サーブレシーブをまったくしてこなかったなんてことがあり得るんだ、っていう。日本の部活、正気か?

それなのにサイドに転向させられるぐらいだからレシーブの素質はあるんでしょう。中学時代から練習させていれば・・・と思うと、5年?6年?をむだにした気がしてなりません。泣きながらでもなんでもいいので、とにかく体作りもかねて毎日欠かさずサーブレシーブの練習をしていただければと。

明日のブラジル戦、台風が気になりますが、無事に終わりますように。

nice!(0)  コメント(20) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 20

ぬぬぬ

rioさん、ブログ更新お疲れ様です。


イタリア戦、rioさんの仰るところの「チーム力」が出てきてそこそこ観客が楽しめる/もしかしたらやってくれるかも・・・な試合をしてくれたところからの今日のイラン戦。
おそらくバレーファンなら誰でも日本にとって最も重要な対戦カードだとわかる試合で、見事なチームの崩壊っぷりを見せられてしまいました・・・。


フランスの今の絶頂期の礎を気付いたとされる(by日テレ)ブランさん。今どんな心境なんでしょうね・・・。こいつら本当に大人か?母国開催の五輪が迫ってるのにこんな意識低い奴らと心中せにゃならんのか私は?とか思われていそう(笑)


↓中垣内のイタい言い訳
https://www.nikkansports.com/sports/news/201709160000879.html

入力ミス?いつもの習慣?「ついついいつももクセで」?
いろんな発言から見えるのは、完全に石川を中心にチームを作ったためにいろいろなケースに対応出来るパターンが全然できていない(そもそも取り組んですらいないんじゃないか?)ということでしょう。
rioさんも前に書いてらっしゃいましたが、これで集大成なんてよく言えたもんです。OQT時の南部のよう・・・おっと!これ以上はいけない。

イタリア戦で見せた好プレー。あれがただの単発/たまたま上手くいっただけでなければいいなぁと懸念していた僕ですが、やっぱりあれはただのまぐれでしたね。なんかやってみたら善戦できちゃったわ(笑)みたいな。


第4セット終盤。
大竹がコートインした直後にバックライトの攻撃をガエミ(?)にブロックされた場面。ニヤニヤしながらベンチに戻る大竹と「や〜ちゃったなぁイッセー(笑笑)」みたいな気味の悪い笑顔で背中叩く中垣内を見て、ああ、この人たち大事な試合を戦っている自覚がないんだなろうな。と思っちゃいました。


今大会。何か得られるもの、世界との距離を少しでも体験できたら〜・・・とか言ってましたけど、そんなこと言うレベルですらないですよね。海外の人たちがSNSやYouTube等のコメントで「なんで日本はこの大会で出ているんだ?」「日本がグラチャンに出る資格はない」等言ってるのをちらほら見かけましたがその通りだと思います。


この大会が単に今の代表の思い出作り・グラチャンに出ましたという経歴づくりに終わってしまいそうで、何やらやりきれない気分です( ; ; )


P.S:イランのスタメンローテ。ガエミの対角は「エ」バディプールだと思います。一応指摘だけ・・・・
by ぬぬぬ (2017-09-17 02:27) 

rio

>ぬぬぬさん、ありがとうございます。「エ」に修正しました。最近、タイピングで噛むことが多く(^^;なにか栄養が足りてないのでしょうか。

第4セットのあれ、気持ち悪かったですねー。ああいうぬるさを選手たちは「いい監督」って表現するんでしょうね。怒りまくって委縮させるのと同じぐらいクソだと思います。

イタリア戦で”善戦”したとはいえ、第3、第4セットはずっとビハインドですから、新聞やテレビで結果を知るだけの人にとってみたら惨敗ですよね。

事実、朝日のスポーツ欄では、グラチャン男子の記事は結果のみ。「日本連敗」「日本3連敗」みたいな見出しとセット数の報告しか載ってません。

テレビと新聞でこれだけ扱いが違う競技も珍しいですよね。

でも、日本はグラチャンに出る資格があるんですよね。なぜならスポンサーだから・・・。情けない限りです。
by rio (2017-09-17 02:50) 

YM

おっとっと、そうでしたか。
私も石川が出てて、ほら怪我なんて嘘じゃん、と思ったら何のプレーもしないまま山本と交代する。 え? これ選手交代1枚使ったよね。 どうして? 何の意味が・・・・と思っていました。
でも、あれがガイチのミスだとしても、そうしたら実況や素子さんの解説が食い違ってきますよね。 なんなんだこのごたごたは。

私は試合内容は楽しかったです。 第4セットは自滅しましたけどね。
確かにイランには他の強国よりも勝算はあったと思いますが、まあ勝てるとまではねえ。
藤井もセンター線をこれまで以上に使っていたと思います。  
思えば北京代表の朝長が比較的センターを使っていましたが、今日の藤井ほどでもない。
過去204cmが二人同時にセンターに立ってた時がありますが(山村、斎藤)、この時も二人はジャンプをしなかった。 それに比べれば、山内はジャンプはしてますよね、クイックの時だけだけど。 出来田も跳んでる。 小野寺は跳んでない。

疑問があるので教えてください。 第1セットの8-8の場面。 大竹のスパイクがネットを越えてないと判定され一旦8-9へ。 それに対し、ボールはネットを超えており、ブロッカーがワンタッチしてアウトになったのではないか、つまりブロックアウトだったとチャレンジをしてそれが認められました。 ならば9-8となってサーブ権は日本へ、と思ったのですが、ノーカウントとなり8-8のイランサーブからのやり直しとなりました。 なぜですか? プレーを途中で中断したわけではないし、明らかにビデオは『TOUCH』を表示していました。 どうして?
誰も異議を唱えないので私の解釈が間違っているのでしょうが、もやもやもやです。

今日の大竹は打ち落とすことが少なくよかったと思います。 まだプレーに波があり安定性に欠けますが、このままオポに定着するとしたら出来田はどうなるのでしょうか。 オポの控えではあまりにもったいない。 藤井がセッターとすると李は必要でしょう。 山内もここまでスタメンを張らせてるってことは、ほぼこれで行こうと思っているはず。 ならば出来田は? いっそWSに転向させてはどうでしょうか。 大型WS誕生。 できるでしょう。 

解説になぜ眞鍋がいるのがわからないのですが(下手だし)、昨日実況にパパ竹の現役時代を聴かれ、“ブロックが上手でしたねえ。”と棒読みで言ってました。 そして今日、再び実況にパパ竹の現役時代を聴かれ、“ブロックが上手でしたねえ。”と棒読みで言ってました。 何なんだ、この茶番は!  嘘つき!

ああ、荻野は今どこにいるのかなあ。


by YM (2017-09-17 03:41) 

しゅんた母

rioさん、生きてて良かったです。(違っ

一度アップされた記事を見て、これはもう最終戦の記事は
見れないかもと心配してました。

名古屋大会に行ってきましたが、「はぁ???」の連続で…。
ベンチは、やる気があるの?とも思ってしまいました。
でも、まぁ、応援してます。
あと一戦、頑張って欲しいです。rioさんも!



by しゅんた母 (2017-09-17 03:51) 

しょう

自分の不祥事もあり、必死になるのが普通だと思うんですが。
「ついついいつものクセで」(てへぺろ)て・・・中垣内監督。
たるんでるとしか思えないし、山本にも失礼ですよね。

さすが「石川の調子が上がらないからチームの調子も上がらない」と言ってのける監督だけあるわ。

最初は、石川ファンへのサービスなのか、ファンの気持ちを弄んでフザけてるのか、スポンサーやテレビ局の意向なのか、と思ってました。
だって、そんなミスをやらかすなんて思いもしませんからね。

選手はコンバートだらけだし、黒鷲旗で活躍した山本を急遽代表に招集するのも、行き当たりばったり感が否めません。
いや、急遽招集してもいいんだけど、この監督だと、バタついてるようにしか見えない。

小野寺の発言も衝撃でした。
そんな状態で代表? しかもサイドへ転向?

自分の大学の後輩でもあり、監督や部長を務めたチームの選手でもある出耒田には厳しいですよね。
何かと苦言は呈するし、すぐに交替させる。

一方、大竹には大甘で。
ミスしてニヤニヤ顔でベンチに戻る大竹を、ニヤニヤ顔で迎え入れる監督。
我々は一体、何を見せられてるんだろう、と。

あれで、2人の関係性が浮き彫りになりましたよ。
甥と叔父のような関係なんですよ。
だから不調でも起用され続ける。
ま、実際、父ちゃん関係で昔から知ってる間柄のようですし。

他の選手からは距離を置かれ、慕ってくる選手が大竹だけなんでしょうね。
タイムアウト中も、大竹にしか声をかけないし。
オポということで、自分の経験上アドバイスしやすいし、相手も素直に聞いてくれる。

四面楚歌の中垣内監督にとって、大竹はオアシスなのかもしれませんが、あまりにも緊張感や危機感がなさ過ぎます。
by しょう (2017-09-17 08:58) 

小幡大好き

やはり負けましたね。
山内のクイックと山本のサーブは良かったと思います。
藤井と李のコンビも抜群でしたね。
ただ、第四セットで藤井と山内が合わなかったのが痛かった。何故でしょうか。
最後に大竹。打ち損じてへらへら笑っているのが気に入りません。ムカつきます。
大竹、石川、小野寺の大学生に頼っている男子。協会は考えてほしい。


by 小幡大好き (2017-09-17 09:02) 

恭介

間違いなく全敗でしょうね。むしろ勝つ気あんの????
唯一よかったのが山本。柳田石川山田小野寺WSの中では一番サーブレシーブがよく献身的なプレーが目立ち、井出も拾っていい流れの場面もありました。
しかし。
敗北の使者山内が今回も大活躍でしたね、そりゃもうびっくりするくらい!!山内の正体は各国の刺客なのではないでしょうかね、なぜなら全試合完投中は彼のみ。日本を敗北へと導く使者なのでしょう.....
技術なしやる気なし、最近はそれにプラスしてサボリ技を身に着けたようでなにより、です。なぜブロックへ飛ばないの、なぜネット際があんなにヘタクソなの、なぜ真正面のスパイクすら上げられないの。しかも前半使われすぎたから明らかにスタミナ切れ起こしてましたよね。4セット目のコンビミス連発、あれ本当に藤井のせいだけかな。山内が手抜きで飛んで打点が落ちてたんだと思うんですよね特に二本目。上げてこないだろうって。それで替わって飛び込んだ深津が選択したのはサイド。安定安心のサイド。当然ガッツリ二枚つかれてシャット。ここで深津が山内を使うくらいの気概を見せたら、見直したかもしれません。ベンチにひっこめられた藤井は明らかに不満顔。俺が悪いの??みたいな。
石川中心でチームが構成されているって誤解があるかもしれませんが、真実は敗北の使者である山内中心に作られているんじゃないのかと思ってしまったほどでした。あれかな、パナの選手は必ず完投、みたいなノルマがあるのかな。もしかして無理やりサーブレシーブさせられている小野寺もパナ内定枠なのかな??小野寺が入る事により山本井出が守備範囲を広く取らなくなって連携がグダグダ。最後安定していた山本までミスの連発負の連鎖地獄絵図再び.....。
小野寺は代表レベルではなくなんで高野今村久原を外して呼んだのか。まだ柳田の方がサーブレシーブましだっただろうに。攻撃??太すぎて飛べてませんけど。
これブランの指示???ガイチの指示??どちらにしてもセンスなさすぎる。ブランはアジア選手権でチャンスボールを拾わずに落とした山内をめちゃくちゃ叱っていて、見直したのですが。まぁ叱られても毎試合同じことを繰り返す山内って何なんでしょうね。
もうすでにJVAではガイチ更迭の声も上がっているでしょう。後任は真鍋かしら。
もうね、ただただ悲しくなりました。
柳田ももっとしっかりしてほしい。チームがまとまっていないのは明白で。でもここでベテランが入ってはたしてまとまるのか謎です。ここは彼がしっかりとリーダーシップを発揮してほしいです。本人は嫌がるでしょうが、でも他にいないんだもん。
ユーキのお遊戯発表にはびっくりしましたが、解説実況があまりこの事に触れたがらない雰囲気がすごかったですね。
by 恭介 (2017-09-17 09:36) 

peru

こんにちは。先の世界選手権終了後、上手くいかなくなった眞鍋体制を陰ながら応援して居ましたが、中田体制ではどうなることでしょうか。
内瀬戸と新鍋の超守備的布陣で、大丈夫なのかなと思って居ましたが、戦略がある程度あり、戦えていましたね。
しかしながらロンドンまでの木村江畑迫田山口新鍋という日本でも有数のアタッカー達を見ているのでどうしても物足りないというのは贅沢なんでしょうね。。

男子も今シーズン一年通して追いかけてきました。
ワールドリーグで結果を出そうが、アジア選手権で結果を出そうが、何も思わず、グラチャンが本当の実力を見れると思いここまで見てきました。
感想としてはチームになってないかなと。単発で良い時はもちろんあるので期待できる点はあります。
誰に原因があるとは思いませんが、藤井を中心にやってきて、初戦はなぜか深津スタメン。出だしからつまずき、変わってから活躍するタイプの藤井は組み立てが最初から出ないので思うようにできない。
夏前に石川と合わないと悩んでいた通り、ここにきて石川の怪我もあり外から見ても、やはり合ってないのかなと思います。
転向組みも多く、大学生も多い。何を意図したのメンバーなのか理解しかねますね。スポンサー?
特に気になるのは山内選手。存在が点を取る以上に見えない失点や点ににならないことが多いと思います。
ブロックフォローも直前まで棒立ちして体勢を落とすのが遅いし、昨日は囮で飛んだだけなのにネットに突っ込んでネットインを取られていましたね。
決まった時だけ決めてやったぜ!みたいな顔が生理的に無理です。。
戦略として女子のように、まずサーブカット【ノラさん大谷さん時代の言い方】を返すのを優先するのか、乱れてもCパスから凌いで凌いでチャンスを待つのか、戦略が見えてこないです。
Cパスでも凌ごうとするならオポジットが頼りなさすぎて無理な印象です。
不祥事があっても解任されない監督ですから、全敗でも解任される可能性は薄いのでしょうか。
by peru (2017-09-17 12:14) 

ずいぶん前に

コメントさせて頂いた者です。下手に怖い顔したベテランいるより、若手だけのがまとまりますか?との質問に、一理あるかもですよねと返信頂きましてありがとうございました。
イラン戦を見ていたら、ああ現在の日本のバレー界では、そのどちらが良いかもとゆう話以前の段階なんだなと最後の方はテンション下がりながら観終わりました。

個人競技でもチームプレー競技でも、ナショナルチームにいるアスリートって嬉し泣きしたり、悔し泣きしたり、よく見ます。泣けば良いわけじゃないけど、溢れる感情を抑えられない姿を見ると試合までの努力や練習の厳しさが伝わってきてもらい泣きしそうになったり。
他の方のコメントに多くあるように、大竹のあり得ない優遇っぷり、に謙虚になることなくヘラヘラニヤニヤの顔を見ると、バレーの代表の練習ってどんな感じなんだろう?って思います。
春高バレー観てもらい泣きする感じ、純粋にボールに飛びついて勝っても負けても清々しいとゆうか。代表選手だってみんな昔はそうだったはずなのに。
最年長の深津は控えで存在感なかったり、柳田はチームをまとめそうで引っ張れそうだけど、自身の調子の良し悪しで常に大黒柱でもなさそう、逸材は逸材だけに視点が1人だけ違ってそう。

メンタルの話は戦術とかの話に比べたら幼稚で意味がないとは思いますが、
オリンピック、、、泣いちゃうタイプの選手選考っていかがでしょうか?笑
頑張ってないわけじゃないんでしょうけどね!もっとできるはず!って思いたい。
by ずいぶん前に (2017-09-17 12:17) 

デイちゃん

全日本監督がそんな初心者みたいなミスしますか?って感じですが、するんでしょうね。さすがうっかりさん。(笑)
私生活がゆるい人は、仕事もゆるいね。(笑)

グラチャンって何の大会なの?って感じですけど、相手が2軍だろうが、本気じゃなかろうが、日本はとにかく勝ちにこだわらないと何も得られないと思うのですが。
「大型選手に経験積ますため」「目標は東京」「勝ちにはこだわるが手の内を全部見せない」なんて言ってると、中途半端に負けて、見てる人も楽しめないし、下手くそな大型選手はミスしまくりでミスした経験しか積めないし(笑)、日本が自滅すると相手は本気出すまでもないからデータも取れないし、結局すべてが中途半端で終わりそう。

女子なら、ロシア、アメリカには、あらゆる手段を用いて勝ちを模索すべきだったと思います。
あきらめる&言い訳するのって簡単なんですよね。
「東京が目標なので」というのは、負けた後、「この試合は別に勝てなくてもいいんだよ~」って、酸っぱいブドウみたいな言い訳にしか聞こえない。
じゃあ本気出したら勝てたの?東京では勝てるの?
AKBの歌にも、「自分に言い訳するんじゃねえ」って歌詞ありましたよね?

男子は、ミドル2m(出來田含む(笑))で、サイド守備が堅めの選手2人+柳田で、試合すべきだったのでは。
そうすればある程度食いついていけるだろうから、相手もある程度本気を出すと思うし。(ある程度ばかり(笑))
その本気を体感して、「世界はかなり強い」「すきがない」「身長はあまり変わらなくても体力テクニックが全然違う」と感じたなら、選手の意識の改革にも役に立つでしょうに。

昔の全日本男子、そう河合さん中垣内さんあたりの弱弱の男子は、かっこつけてるんだけど世界には全然通用せず、韓国にすら負けて、ふてくされて言い訳ばかりしてた。
その負け犬ふてくされ根性を継承してるとしたら・・・、中垣内さんはとりあえず退任して、外人コーチで一本化したほうがよいのかな。
まあお金集めるなら、中垣内さんがいた方がいいかも?ですけど。
ならば中垣内さんは広報部長で。(笑)
by デイちゃん (2017-09-17 12:29) 

えぬ

rioさんお久しぶりです。
JTサンダーズを応援しながらも、一番好きな選手は米山な、えぬです。おじゃまします。

グラチャンがもう終わりそうですが、肝心の中継は録画だけして1試合目しか観戦できていないのに、rioさんの記事は我慢できずに欠かさず読んでおります。

推理小説読む前にトリックだけわかっている、みたいな状態ですが、時間を見つけて録画観戦する予定です。

米山くんがメンバーに入っていないので、個人的にややテンション低めで観てます。グラチャンだからってことで外れたのか、世代交代なのか…
ということで、今大会の注目は、藤井選手と出來田選手です。

イラン戦は土曜日だったし、カープがリーグ優勝を決められず夜やることがなくなったので、リアルタイムで観戦することが出来ました!

私は、第2セットまでは楽しめました。
石川くん(怪我が心配)の代わりに起用されたJTの山本選手、石川くんほどの攻撃力はないものの、存在感は示せたかなと思います。山本選手のサーブ、期待できそうですよね。どんどん磨いてほしいです。体力をもうちょっとつけないと、ですよね。

第3セット、第4セットとどんどん手詰まりになるというか、コート内でうまく行かなくなったというか、自滅して終わってしまいましたね。立て直せなかったのは残念。

藤井選手と山内選手のコンビミスが続いて、藤井選手が交代になりました。あの場面、山内選手の集中力がなくなっていたというか、運動量が落ちてジャンプが低くなっているというか…に見えたのですが、ああいう場面ではセッターを交代するものなんでしょうか? 
1回目のミスを見て、山内選手は今打てそうにないなって気がしましたが、それでも使った藤井選手。ここでサイドにあげると、バレバレでブロックされてしまうんでしょうね。立ち直ってほしいという気持ちもあったかも。
何が正解かわからず、いろいろ考えて、もんもんとしてしまいました。

最終戦は、オポジット出來田選手で見たいです。けど…どうでしょうね…
本当はMBで出てほしいんですけどね。堺の試合を見ていて、思わず前のめりで見入ってしまうような、ぞくぞくするような楽しみな選手と感じたので。


by えぬ (2017-09-17 12:57) 

rio

>YMさん、録画をもう消してしまったので確認できないのですが、モトコさんか実況かどっちかが、「ここまでやってきたことが出せないままだったからせめてコートに立たせてあげたいとみんなが思った」的なことを言ってましたよね。なにその妄想?なんで勝手にストーリー作るんだ?っていう。

ガイチが試合後に「選手の闘志や集中力がきれていた」って言ってましたが、これも、は??って感じです。始まる前に「集大成」とか言っておいて、集中力が切れるようなことあります???っていう。

っていうか、集中力を欠いているのはガイチじゃないか。少なくとも選手はぐだぐだにはなってなかったですよね。挙げ句のはてに、「今すぐどうこうできることでもないし、いい方策もない」とか、半ば開き直ってました。

ところで。大竹の判定、ノーカウントになったのは私も最初ヘンだなと思いました。おそらくですが、チャレンジの内容が「ブロックアウトだった」ではなく、「ボールはネットを越えていた」ということだったのではないかと。

で、ビデオ判定の結果、ボールが相手ブロッカーの手にあたった(そのあとアンテナにあたった)ことが確認できたため、「ネットを越えていた」ということでチャレンジ成功。ネットを越えたあとのことはチャレンジの内容に含まれていないため、インプレー中のチャレンジということでノーカンになったのではないかと思いました。

つまり、ネットを越えていた+ブロックアウトだった、という2段階のチャレンジはできない、ということなのでは。競り合いのなかで狙ってとったブロックアウトだっただけに痛い誤審でしたね。

大竹は打点を保とうという意識は最後まで出てましたが、どうも体力が3セットさえも続かないようですね。チームで最年少クラスなのに???と思いますが、日本の大学の部活は海外と比べて自他ともに管理がずさんで、酒、タバコ、偏った栄養、不規則な生活リズムなどなどが当たり前らしいので、スタミナがついてないのかも。

それに加えて、大学ではライト側で待ってて叩きつければいいだけだったのが、代表ではトスがこないときも助走、ディグしたあとも助走、軟打も拾わなければ・・・などなどあって、これまた体力が続かない原因になってるのかも。山内、小野寺もそうですが、まずはアスリートになるところから始めねば、って感じですね。

出来田については、私はセンターに戻すべきだと思ってます。オポジットにしたのはガイチが自分の”青春”にひたりたいだけなんだろうなと。オポジット=攻撃特化型に限定する必要はなく、オールラウンダーをいれてもいいわけですよね。

山内をはずさないというなら仕方ないので、山内、出来田、李で確定するのがよいのではと思ってます。

真鍋さんの「ブロックが上手発言」、笑えますよね。絵にかいたような棒読みwww 補足一切なしwww 相槌を打たない川合www 

パパ竹のおとりジャンプなんてもうただのルーティーンになってましたからねー。とりあえずセッターがトス上げるときはその場跳びしとく、みたいな。

そんなパパ竹を毎回義務のように必ず映す日テレ。ご本人が目立たないようにわざわざ2階席にいってるんだから気をつかえよ!っていう。

荻野は1ヵ月後に迫ったVリーグでサントリーの監督やるんじゃなかったでしたっけ?コーチが山村で・・・一抹の不安がありますが、どんなチームになるか楽しみです。
by rio (2017-09-17 17:13) 

rio

>しゅんた母さん、私は前期Vリーグの後半以降、半年ほどどこでなにをしてたのでしょう・・・堺の惨状を見たくないあまりに防衛本能が発動して気絶してたのかもしれません(違)

ようやく意識を取り戻して身構えたらあのアメリカ戦でまたふーっと気が遠くなりかけている今日この頃です。

優勝がかかるブラジル、しかも台風で自由に出歩けない(はず)でフラストレーションむんむん。なんかもう日本が粉砕されている絵がうかびますが、応援しましょう!
by rio (2017-09-17 17:18) 

rio

>しょうさん、コンビニのその場でいれるタイプのコーヒーでずっとアイスコーヒーを頼んでたせいで、今日みたいな気温が低い日に「ついついいつものクセで」アイスコーヒーを頼んでしまってテヘペロったのですね。その瞬間、ガイチにキレそうになりました(危

南部さんもガイチも、なんで出来田を邪険にするんでしょうね。どう考えても、一番きちんとしてるし、身長も能力も真面目さもあるし、キャプテン候補として養成してしかるべき人材なのに。

真鍋さんも大竹妹を起用してましたね。まあ、試してみるのはよいのですが、真鍋さんは見極めて時期尚早と判断した。さあガイチはどうするんだ、っていう。

モトコさんが李のコメントとして「ちょっとでもないなと思って助走に入らないと藤井がすごく怒る。だから相手との前に藤井とのたたかい」というのを紹介してましたよね。深津にはない厳しさ。

大竹はまだ若いし学生なので、その厳しさについていく気があるなら伸びると思うんですよ。ただ、それをガイチが甘い顔して邪魔するという地獄絵図。

そんなことしておいて、「選手のメンタルトレーニングが必要」とか言ってるわけですよね。東京五輪で惨敗したら、少なくとも男子バレーは世間からオワコン認定されてしまうかもしれません。ガイチにその危機感があるのか…謎です。
by rio (2017-09-17 17:28) 

rio

>小幡大好きさん、レシーブが乱れたとこからの藤井と山内が合わなかったのは、端的に言えば山内がまだ応用がきかないからだと思います。

山内はピンポイントで持ってきてもらえないと打ち切れないレベル。李みたいに背筋力をつかってこらえて打ったり、手を折りたたんでとりあえず押し込んだり、降り際にフェイントしてつないだり、それができないんですね。

一方、藤井が東レばりのどSトスを山内に試してみたかったというのもありそうです。何試合かやってきてラリー中でもAパスのときはうまく使えていたので、今度はBパスでもやってみようと。

山内には、2連続で合わなかったことをセッターのミスではなく自分の課題としてとらえてほしいなと思ってます。

それにしても、石川、大竹といった”特別扱い”の選手たちがいるチーム。ほかのメンバーからするとほんっとうざいでしょうね。エースもスターもいらない。一人一人が必要な仕事を着実にこなるチーム。そんなふうにならないもんですかね・・・。
by rio (2017-09-17 17:39) 

rio

>恭介さん、山内と藤井が合わなかった場面、藤井はトスミスじゃないと思ってるから2本目も上げたんですよね、きっと。

しかも2本目は中腰からのセットになってしまって、それでも明らかに丁寧に、山内の打点にピンポイントでいくように上げてます。なのに打つどころか触ることすらできないという。

ここですぐ山内をさげられればいいのですが、そうすると高橋が入ってきてしまうわけですよね。その選択肢と、藤井を諦めて深津を入れる選択肢と、勝敗にこだわる点からいえば後者を選ぶしかなかったのかなと。

それもこれも山内みたいなのを代表のスタメン固定で使ってるからで、1つ無理を通すとあちこちに無理が派生してみんなが尻拭いに走り回るはめになる、という典型例ですね。

小野寺はある意味不思議なんですが、キャプテン経験もある選手なんですよね。ちゃんとしてるからキャプテンに選ばれるんですよね。なのに、自分が代表としてコートに立った姿を録画でみて、俺の体型ってやばい?とか思わないもんなんでしょうか。

筋力も体脂肪も若い選手だったら半年あればコントロールできるはず。それをしない理由な何なのか。謎です。

北京からロンドンまでの4年間の停滞、ロンドンからリオまでの4年間の混乱を経て、リオから東京までの1年をむだにしました。ため息がでますね・・・
by rio (2017-09-17 17:54) 

rio

>peruさん、チームになっていない。その言葉に尽きますね。北京組も学級崩壊を起こしてましたが、それとはまた別のばらばら感。

そもそもガイチは何か月もの間、代表のことを考える余裕なんてなかったでしょうし、それでのこのこ出てこられる鈍感力が驚異的だなと思います。

集めた5人の200cm級のうち、4人を東京五輪までに少なくとも出来田レベルにしないといけないわけで。

でも、グラチャンが終わると学生たちはまた不摂生な日々に戻っていき、出来田は堺でセンターに戻るわけですよね。で、リセットされてまた来季、1からやり直すと。

サトウ監督はグラチャン全敗の責任をとらされて更迭されましたね。ガイチがもしつながったとしても、例えば来年の世界バレーで1次予選敗退したら、その時点で切るんですかね。謎だらけです。
by rio (2017-09-17 18:04) 

rio

>ずいぶん前にさん、メンタルは大事ですよ。全然幼稚ではなくすごく大事だと思います。

女子のロンドン組は近年まれにみるメンタルの強いチームでした。なので、国際大会でのストレート負けはかなり少ないはずですし、フルセットに異様に強かったですよね。

それが五輪の大舞台で活き、中国との大激戦を制して銅メダルにつなげたのでした。女子で強いメンタルと言えば昔から中国なわけで、そこを上回ったというすごさは今でも鮮烈な記憶として残ってます。

それに比べて男子・・・。一般的に、男は女と比べてへなちょこな生き物ですが、それにしても・・・って感じですよね。女子が眉間にしわ寄せながらグラチャンを戦ったあと、男子は監督が率先してぱみゅぱみゅしてる始末。違った。きゃぴきゃぴしてる始末。

ま、ガイチはバレーアイドル化の第1世代ですから、きゃぴきゃぴがDNA化してるのかもですね。柳田、出来田、藤井あたりがガイチをどう思ってるのか、本音を聞いてみたいところです。
by rio (2017-09-17 18:13) 

rio

>デイちゃんさん、南部事件でこりただろうに、なんで経験が受け継がれないんですかね。あのときもダブルチェックの必要性がどうたらこうたら言われてた気がしますが。

結局、何がしたかったのかまったくわからないまま終わりましたね。大竹と出来田のどっちに経験を積ませたかったのか、サイド主体とセンター主体のどっちの効果を測りたかったのか、石川・柳田以外の第3のサイドを見極めたかったのか、石川・柳田も含めてサイドをがらがらぽんしたかったのか、などなど。

やってることが二股三股かかってしまって、これでは大会後にデータ解析をしても確たることは何も言えない気がします。

決められないバレー、っていうとアタッカーの決定率が悪いみたいに聞こえますが、監督が方向性を決められないバレー。可能性がある/なしで言ったらどんなことにも可能性はあるわけで、そんなオールorナッシングな発想で東京まで行くんですか?っていう。

困ったことになりましたね。
by rio (2017-09-17 20:53) 

rio

>えぬさん、ありがとうございます。米山は世代交代ということなんでしょうね。最年長が深津ですから。

山内と藤井のコンビミスは、一般的にはどっちを交代させるかは微妙なところだと思います。

決して無理なトスを上げていたわけではないので、私としては打ち切れないセンターを下げるべきだと。

でも、難しめのトスだったことは間違いなく、その1本目を打ち切れなかった選手にもう1回上げてまたミスし、流れを止めてしまいました。そこでミスった選手やほかの選手が委縮しているようだと、セッターを下げるという考え方もありなのかなと思いました。

ただ、日本の場合は↑こういったこと以前に、山内をさげると高橋しかいないので下げられなかった、ということだと思います。

今大会、出来田をセンターでフル出場させてればもうちょっと楽しめるものになっていた気がします。出来田のクイックは高いですし、ネットから離れた位置でも打てるので、藤井とのコンビを観てみたかったですね。

今大会での出来田の使われ方は非常にもったいなく、宝の持ち腐れになってしまったと感じてます。。。
by rio (2017-09-17 21:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。