So-net無料ブログ作成

グラチャン女子:中国戦、監督の「対応力」の差で明暗 [バレーボール]

グラチャン女子最終の中国戦、リオ五輪金メダルの流れのままきている相手に1-3はまずまず健闘でしょう。ただ、選手たちはがんばったもののベンチワークはボロ負け。セットの中で細かく戦術を見直し、自分たちの弱点を隠し相手の弱点を突いてくる中国の変化の速さにまったくついていけていませんでした。

中田監督の「私が試合中に細かく指示されるのは嫌だったから、選手にもしない」主義については、はいはい承りました、って感じですが、それで負けてたら説得力ないですね。中国は郎平総監督を頂点とする監督軍団が試合展開を先読みして選手たちに次々に指示を与えているわけで、それを日本は選手たちだけでなんとかしなさいって、そりゃ文字通り”アタマ数”だけで言っても無理ですよ。

そんな中田組のアイデンティティにかかわる課題が見えたこの日の試合のローテはこちら。

佐藤    荒木    野本

内瀬戸   岩坂    新鍋    L井上
----------------------------------------------------
シュ    テイ(S) エン(MB)

ガン(MB) ソ    チョウ   Lリン/オウ


話はいきなり脱線するのですが。
このローテを組まざるを得なかった時点で、もう日本の苦しさ(=準備不足)が見えてますね。高身長で速攻主体の中国相手に岩坂を起用せざるを得ない。けれど、攻撃面では冨永/岩坂のコンビは完成度が低すぎて使えない。佐藤はセットの位置が低く、守備力もいまいちで中田組の構想にはあってないけれど、岩坂とのコンビはまだマシ。クイックおとりのサイドへのトスも上手なので、じゃ、佐藤で。っていう、消極的な選択です。

岩坂のブロックは結局1本、攻撃は11打数で3本と散々でした。ラリーが長引いた場面が多かったのも、岩坂が機能せずノーブロで抜けてくるボールをレシーバーが文字通りの体当たりで上げ続けたから。こんなのずっとやってたら壊れますよ。

岩坂を出すしかないけどどうせ攻撃は決まらないんだったら、佐藤じゃなくて、毎試合ブロックを決めていて守備力も攻撃力も高さも上の冨永で行けばよかったのに。

で、今後どうするんでしょうね。岩坂をキャプテンにしてしまったわけで、その第1シーズン終了時点で攻守にわたってこのレベル。間に合うんでしょうか。

中田監督、真鍋監督が荒木をキャプテンに抜擢した手法をまねたのか、あるいはお得意の「えこひいき」だったのかわかりませんが、無茶ぶり感は否めないですね。岩坂自身が「チームのことを考えないといけないのに、自分のことしか考えられなかった」と言ってるわけですし、そりゃそうだろうなと。久々の代表復帰でまずは自分の足元を固めたかったでしょう。

まあ、キャプテンに指名するということは必ず東京五輪のメンバーにするという意思表示なわけで、岩坂が泣きながらがんばるしかないのかもですが。

それはさておき、話を戻してテーマは「対応力」です。
中国はサーブレシーブのフォーメーションを3パターン使い分けていました。基本はシュはずし、チョウ/リンの2枚でとる。それでも厳しいときはチョウ/リン/ソの3枚でとる。シュが狙われたり、ソの動線上を狙われたりするとソをはずし、チョウ/リン/シュで取る。

↑これを2~3回続けて狙われたらすぐ変えるぐらいの早さでアップデートしていくもんだから、日本のサーブ&ブロックの作戦がかなり無効化されてしまっていました。これが木村だったら相手の変化にすぐに気づき、同じ狙いと見せかけて逆サイドにサーブを打ったりするんでしょうけど、今の全日本女子にはそこまでの選手はまだいないようです。

しかも中田監督は試合中にローテ順を変更しないですよね。自分が現役だった時代のまま、セッターは後衛ライトスタートで固定。たぶん確たる理由はなく、めんどくさいだけなんだと思ってます。

でも、中国はソが前衛レフト、シュが前衛ライトのときに、笛がなった瞬間にシュが前衛レフト側に猛ダッシュし、ソ/ガンがライト方向へ動くわけですよ。日本もそれがわかってるからソにサーブを打って足止めをして前衛の攻撃を2枚にするわけですが、だったらなんでこのローテにサーブが強い新鍋をぶつけないのか?と。

たまたまのローテ順で中国サーブから始まる第2セット第4セットは新鍋サーブがこのローテにあたっていたのですが、これはぶつけたんじゃなくてぶつかっただけ。ベンチワークではありません。それでも第2セット最終盤の攻防で新鍋の2連続サービスエースで23-23の同点に追いついているんだから、効果があることは明らかだったわけですよ。なぜそういう状況を意図的に作り出そうとしないのか。たぶん、めんどくさいからなんだろうな。

ちなみに、第2セットの同点→逆転劇にはその前段からの展開がありました。20-21の場面で岩坂に代えてピンチサーバーで鍋谷を投入。中国が3枚レシーブを敷きやすいローテにぶつけたんですね。これもまあ、中田監督としては相手を見てぶつけたわけでなく、単に岩坂のサーブローテの守備固めしか考えていなかったと思うのですが。

ただ、鍋谷がそこでいいサーブを打ち、ソを崩してチャンスボールになりました。この処理をまさかの新鍋がミスってダイレクトで打たれ中国の得点になってしまった・・・のですが、カケツ監督はそれはそれとして、すかさずソを隠し、キョウを投入したのです。この次のローテが中国にとって弱点なわけで、その前に逆転されてはたまらんというわけでしょう。

で、このローテをどうにか切ったものの、次のローテで新鍋がキョウの動線にサーブを打ち、1本目は本職のチョウが崩れ、2本目はキョウが崩れて同点。カケツ監督はまたすぐに対応し、キョウをサーブレシーブからはずしてシュに取るように指示したんですね。その結果、シュが自分で取ってレフト攻撃で23-24、と中国が王手をかけたのでした。

結果的に日本がこのセットを(運よく)とれたので、中田監督の脳内にはもはやサーブレシーブをめぐる攻防の記憶すらないかもしれません。でも、こういう対応力の差を放置していると、歴代の監督のようにいずれ行き詰ってトンデモなことを思いついて無茶ぶりするようになってしまうと思うのですね。めんどくさがらず、予習・復習・お勉強をきちんとしてほしいと思います。

ちなみに、中国が↑こうやってめまぐるしく対応している間中、実況は解説席の迫田に粘着して試合と関係ないことを聞きまくって困らせてたのでした。あほか。仕事しろ。

もう1つ、監督の「対応力」に差が出てしまったところがありました。レフトからのストレート打ち、です。第1セットは中国のサーブが弱かったにもかかわらず終始劣勢で押し切られた日本。セット間にアクバシュ総監督・・・じゃなくコーチが分析したんでしょう。第2セットはレフトからのストレート打ちを多用しました。

トスよりアタッカーの動きに反応してしまっている感のある中国のセンターは、どうしてもセンター攻撃に意識がいってしまいサイドへのヘルプが遅れていました。遅れるったって1歩がでかいからすぐ追いつくんですが、セットプレーではブロックはほぼ割れてましたね。さらに、サイドブロックの基準が中国4000年の伝統のクロス締め。より“強打”になるクロスをブロックで防ぎ、ストレートはレシーブで上げる作戦です。

ところが、非力な日本はもともとクロスよりストレート打ちが得意なんですね。しかも今回、新鍋/内瀬戸という中国女子バレー界では経験しないであろう低さを誇るアタッカー2人がスト打ちを大得意としているわけで、ブロックがら空きのレシーバー1枚では上がるわけがなく。ストレートに打てば決まる入れ食い状態だったからこそ第2セットはもぎとれた、と。

そうすると第3セットでは当然対応してくるわけで、中国は最初から、サイドブロックがストレート締め。しかもレシーバーはサイドライン上に位置どる守備隊形を敷いてきました。なのに日本の1発目=新鍋のレフト攻撃はストレート打ち。セッター・テイの両腕の間を抜くというサーカスバレーをやってしまったわけです。

↑こういうのが決まってしまうから、日本はそこで思考停止して勝利への方程式が見えなくなってしまうんだろうな・・・といつももどかしいです。

この場面、テイとガンの2枚ブロックの間がボール2個分ぐらいのがら空きでふつうに打てば抜けるところでした。なので、わざわざリスクが高い腕の間なんかに打たなくても、カンチャン狙いでクロスに強打すれば中国の裏をかけたわけですよ。サイドブロッカーは基準の位置を迷い始めるでしょうし、レシーバーは1人がサイドライン上に張り付きですからほかの選手たちの負担が増えているわけで、日本が主導権を握っていろいろ仕掛けられたはずなのです。

そういう「対応力」の引き出しが中田監督にないから、おまかせ・・・っていうか丸投げされた選手たちはひたすらスト打ちを続け、なんか決まらなくなってきたなー、どうすればいいのかなー、とりあえずリバウンドとってみたけどー、とかやってるうちに負けたわけですね。第3セットも第4セットも、日本は同点が精一杯で1回もリードできませんでした

無口を演じていれば世間は勝手に「何か考えてるんだろうな」と想像してくれますし、一言「ザブングルです!」・・・じゃなくて「くやしいです!」って言えばそこから勝手にストーリーを作ってくれます。マスコミ対策はそれでいいでしょう。

でもね、監督としてやるべきことを外国人コーチに丸投げ、所属チームのコーチに丸投げ、選手に丸投げで“孤高”を気取ったところで、鬼太郎頭のさみしそうなおばさんがコートの端で立ちすくんでいるようにしか見えません。本気で郎平さんを超えたいなら腹をくくってほしいですね。でないとまた負けますよ、ロスのときみたいに。

nice!(0)  コメント(10) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。