So-net無料ブログ作成
検索選択

グラチャン男子:フランス戦、出来田の丁寧なプレーをほめる、ぐらいしか。 [バレーボール]

グラチャン2戦目、フランス相手に数字の上では競り合いながらの0-3負け。勝っても負けても、あんなことがあったこんなことがあったとブログに書くのが楽しいわけですが、たまーにあるんです。何にも書きたいことが浮かばない試合。今日がそれ。申し訳ないけど、試合内容、クソつまんなくないすか?

出来田が今日は攻守にわたって丁寧で健気だった。で終わりそうなこの試合のローテはこちら。

 柳田     藤井          李
  
 山内     大竹         石川          L井手/浅野
------------------------------------------------------------------
ボワイエ   シネニエズ(MB)   ロサール

クレブノ   ピュルトール(MB)  トニウッティ(S)  Lティリ/グルベニコフ


クソつまらん原因は、山内大竹といった試合の流れを切る、じゃまする、そもそも流れを理解できない選手がまじっているせいでノイズで観戦する集中力がそがれるからです。

いろいろな観戦ポイントがあるなかで、私はチームのシステムと作戦、試合の流れ、駆け引きといったところを楽しみに観ているのですね。だから意図がないままふわふわ動いてる選手とか、サボる選手とか、ひたすら力んでいるだけの選手とか、じゃまだよ!って思ってしまうのです。

例えば今日の山内、ブロックに跳んで吸い込んだボールが自分の目の前にあるのに、ボールから目を離して拾えないとか、こんな代表、ありえます?物理的にボールを拾えない位置にいた出来田が謝るっていうね。

例えば今日の大竹、200cmという背の順だけで呼ばれてるのに白帯ちょい上程度の通過点のアタックを打って腕でブロックされるなんて、こんなオポジット、ありえます?

こんなの抱えて競り合っても、それは敵失とラッキーとほかの選手の個人技が重なっただけ。組織的なバレーにはほど遠く、それって要するに再現性のないその場限りの運頼みバレーなんですよ。なので、ここから強くなっていきそうという期待がわかない。なに見せられてるんだろ?と。

で、私はブログを書き終わるまでほかのブログとかサイトとかニュースとかSNSとかまったく見ないのですが、これだけクソつまらんときは最初にFIVBのサイトを見ます。

今回はなんとティリ監督がめちゃめちゃフォローしてくれてました。
「2014年に対戦したときはへなちょこやったくせに、2015、2016、2017とだんだんチームとして進化してまとまってきよったで」

(We played Japan in 2014 and I seem to recall they weren’t so great, but I think in 2015, 2016 and 2017, they have evolved as a team and are becoming more effective. )

ほな2014年はどんだけひどかったんや、って話なのですが。さらにティリ監督、

「日本はちびっこだらけやけど、スピードあるし、技術もあるし、守備もええよね」

They always have a problem of height, but they have speed, technique and good defence.)

いやいや、お世辞もすぎると気分悪いで、っていう。そりゃセットプレーがきちんとできたときには柳田のバックアタックが速い、とかありますよ。でも単発の動作が速いだけではどうにならないですし、そもそもフランスのほうがすべての攻撃が速かったよね、と。

技術。ないない。チャンスボールを拾えない、つなげない、上げられない、打てないという、むだにしまくるチームに技術なんかあるわけないじゃないですか。守備がいい?はて?守備がいいと思ってるんだったらあんなにぽんぽんフェイント置きにこないですよね?と。

男女とも各国チームの監督が(言うに事欠いて)「速い、うまい、守備がいい」と言うのはたぶん、ニンジャサムライスシテリヤキぐらいの日本の認識だからなんだろうなと思ってます。彼らのリッピサービスネタが尽きる前に、具体的な賞賛の言葉を贈ってもらえるレベルになってほしいものですな。なんだこの終わり方・・・

nice!(0)  コメント(23) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 23

YM

はあぁぁ、あんなにサーブミス連発のフランスに1セットも取れないなんて・・・
放送時間が余り過ぎて、インタビューまでされちゃって。 次の番組の紹介までされちゃって。

で、そのインタビューで石川は自身の反省はなし。 こんな高慢ちきな奴でしたっけ? いや、彼にその偽物の鼻をぐんぐん伸ばさせてしまったのは、あるいはJVA、あるいはメディア、あるいは群がるファンだったかもしれません。 でもねえ、はるばるイタリアまで行かせてもらって、リベロまで経験した割に、レセプション全く上達してないじゃない。 ミスした時、“ごめんごめん、今の、俺が悪い。”って自己申告してる? しれーっと流してない? 第3セットだったか、ゆるーいサーブを取った時、尻もちをついてすぐには起きられず足を引きずっていたようにも見えました。 怪我をしたかな?と心配しましたけど、ベンチは動かず。 川合も“腰痛がありますからねえ。”といつものようにへらへら言ってかばってましたが、とにかくベンチは動かず。 攻守に精彩を欠くだけじゃなく、周りのテンションをも下げかねない石川を交替せず残すことに、何の意味があったのでしょうか。 代りがいないとすれば、メンバー選定に問題アリです。 この大会での石川の復活はあるでしょうか。 また怪我でスタメン譲る、っていう展開になるような予感がしてなりません。

もう一人のエース(?)柳田は、石川より4歳年上だけあって冷静な判断を持って調子を上げてきました。 こちらのレセプションも改善されていませんでしたが、低身長で代表としてお尻に火が付いてるだけあって、ゲームに対する必死さが伝わってきてまあまあ合格点ではなかったでしょうか。 ハートが強いですね。 得意のサーブはいま一つでしたが。

出来田の攻撃は良かったですが、常に120%の全力で打っているようでスタミナは大丈夫でしょうか。 

山内は・・・ もう・・・
あんたがとらなきゃ誰がとる! っていうフォローの凡ミスが2回はありましたね。
このチーム、コミュニケーションはとっているのでしょうか。 おくちはあるのかい?

ゲストの平野ノラがバレーボール経験者とは知りませんでしたが、初めてストレスなく話を聞くことができました。 レセプションをサーブカットと言ってたことに妙に懐かしさを覚えました。 

by YM (2017-09-14 01:15) 

デイちゃん

こんにちは。

一セット目は、フランスのスパイの大竹がしっちゃかめっちゃかにしてくれたおかげで試合にならず、大竹がいなくなってからは、ちょっとまともな試合になりましたね。

山内は、パナ枠なのかな。下手したら、平野ノラの方がうまいかも?(笑)

ワールドリーグや世界選手権予選も見たのですが、最近石川のポカが目立つ。まあ、このあとイタリアに行くし、一生懸命やりすぎてケガしてもいけないしって感じなのかな。
故障はあるみたいで、夏ごろはスパイクサーブをしないようにコーチに言われてたみたいだし。
でも2015のWCの時の方が輝いてた気がする。

柳田は、まあがんばってるのかな・・って印象だけど、サーブレシーブが返らないね。

出來田はまあまあだった。
他の選手がひどすぎるから、よけいにまともにプレイしてる人が良く見えるのかも。
出來田がサーブレシーブできるようになって、サイドに入れたらいいのかもしれませんが・・。

全日本て、一応、国内では一番上位のチームなんだから、芸人に「サーブとサーブカットがんばれ!」って言われないようにしないとね。(笑)
by デイちゃん (2017-09-14 01:47) 

とひ

rioさん、ご無沙汰しております。
本日の試合、現地観戦してまいりました。
第1試合から通しで見ていた方々は、第3試合が1番いけてなかった、と全員思っているはずです。
この大会へのモチベーションって何?状態で、主力もいないチームがある中、日本はこれがベストな人選って…
久しぶりに黄色い歓声を生で聞いてゲンナリしてます。
ティリ監督は良い方のようですので、悪く言わないようにいってくれたんでしょうね。
そして、ホルト推しの私ですが、アメリカもいけてませんでした。
日本とレベルは全然違うけど。

by とひ (2017-09-14 01:50) 

小幡大好き

感想としては、出来田が良かったと思いますが、他は・・・
山内は、ヒョロヒョロで、飯食っているのかと言いたい。今日から毎日、どんぶり飯を10杯食べなさい。
試合は、逆点しても、すぐに追いつかれジ・エンド。はぁ~。
リベロは、井手ですが、あまり目立た
ないような。
監督は、いつも眠そうに見えますので気合いをいれるためにも、ムードメーカーの高松を呼んでほしいなぁと思います。
高松って何だか鍋谷に雰囲気が似ているんですよね!
by 小幡大好き (2017-09-14 06:01) 

ブログ楽しみです

大竹パパが映らなかっただけ1ミリイライラ減りましたが、残りの試合もスタートはとりあえず大竹ジュニア出る&二枚替えで再登場の可能性ありと思うと心底ウンザリします。

自分素人なんで質問なんですが、
3年後五輪でまともになる事が最大の目標だから、今どんなに恥をかいても若手を入れてみる、育てるってゆう話は一応理解できます。

けど2015年WCで石川祐希19歳!って盛り上がった訳で、相手も知らないから誰だ?この若手?ってなるような、3年後に逸材二世が出てくる可能性って無いから今のメンバーで確定みたいな感じなのでしょうか?
山内は成長率が悪すぎる気がするし、もしかして運動神経悪いのかな?笑って思うシーンがあるような、、、。

それに大竹ジュニア君も、ようは下手したら現在の代表の中で最も家族から英才教育を受けてきた?のに、石川祐希19歳の足元にも及ばない状態って事は、あと3年あっても、、、?

違う競技の運動神経の良いアスリートに五輪の間だけ助っ人してもらうとかどうでしょう?
それはさすがに無いですね笑

変な質問ですみません。
by ブログ楽しみです (2017-09-14 08:28) 

恭介

哀れな試合パート2でしたね。パート3へと続くのでしょうか。
石川にしても柳田にしてもサーブレシーブヘタクソすぎ。昨日の試合後と当日も一時間半だか練習してたとかいってましたが、それほんと?全然上がらないじゃん。
せっかくノーブロックになってもパイプをなんでレシーバーの真正面に打つのかな。これ3本くらいありましたけど。打ちたいコースに適当に打ってるでしょ。
山内なんて技術も運動神経もない、さらにやる気すらないですよね。これが本当に全日本代表?川合が山内パワー出たって褒め殺ししてましたけど。あほちゃうか。
もう期待してませんけど、せめてブロック触れワンタッチしろ。
何で何十回と飛んでいて触れもしないの。
読みたくないけどアメリカ戦フランス戦監督の試合後のインタを読みました。
なぜ藤井ではなく深津か?⇒藤井が調子を落としていた。サーブレシーブが乱されていたので運動能力の高い深津を続投させた。
はああ??(^o^)誰がどう見ても、藤井の方が運動能力高いでしょ。レシーブもボールの下へ入る早さも、セットアップの際に相手コートをチラ見する余裕も、藤井の方が↑。素直に「愛知だから地元だから」って言えよ。
なぜ李に替えて高橋か?⇒李が調子を落としてた。はああ??だったら山内二年前からずっと調子落としてますけど。そしてそれの控えが高橋??なぞすぎる。
そもそも山内や大竹のようなノイズを消さないとまず試合になりません。
それと何で呼ばれているかわからない小野寺、今回WSで登録なんですねって超びっくりなんですけど!!!大学もアンダー代表もミドルでしょ?いきなりWS枠で代表呼ぶってオカシイでしょ。だったら久原や今村高野の方が守備型レフトなんて呼ばれてますが、よほど石柳の交代要員になりますよ。あれでしょ?2メートル呼びました、若いから許してねって免罪符枠なんでしょ。
ガイチになってから南部よりはマシかと思っていました。出だしコケましたけどね。でも。相変わらずエコヒイキの選手選考に行き当たりばったりの采配。窮地に立った時になにも出来ずに棒立ちは引き継がれているようで。本当に男子バレーを応援する気が落ちてきました。みんな、優しいな。会場まで行って声援送って。野次と文句しか出てこない。

by 恭介 (2017-09-14 10:12) 

ど素人

デイちゃん他みなさん
平野ノラなど芸人は元アスリ-トでけっこういけてる人多いですよ
下記2チャンにありました、リスペクトよろしく

>だってノラは東金町ビーバーズだし、全国制覇した時のバックセンだし、
山本の嫁の熊倉とタメでチームメイトだったし、
関田の先輩だし、美奈子の後輩だし、
浦野剛辺りも知ってるもん

山内や大竹なんかよりずっとバレー知ってるわ







by ど素人 (2017-09-14 10:39) 

大阪の空の下より

rioさん、いつも楽しく読ませていただいてます。

昨日のビデオの編集のなかで、1番最高の部分は石川が行ってたイタリアのチームの監督のコメントでしたね~。2番は柳田が天井狙ったか?破れかぶれでぶっ飛ばしたか(懐かしい柳本ジャパンの初期の頃の高橋選手のブロックアウト狙いの天井向けスパイク^^)のようでそこだけ楽しめました。
試合後の選手コメントを1日遅れで読むと、セッターの藤井は正直、成長するんではないかなと思っています。
石川を初めてテレビ観戦したとき、苦し紛れだったんだろうけど、ブロード風片足レッグスパイク。。。みたいなのを観てなかなか素敵な選手やなと思ったのを思い出します、その芽は無くなったみたいですけど。以前男子の松本もブロードに挑戦してみて欲しいな~とか思った時ありましたが、おみ足が長~い外国人には即対応されて無理かもな?と。

ゲーリー前前監督はコーチと云う立場だったら上手くいったのかなと、ちょっと思います、ブランさんもでかくて何もできない2m超えを見て東京まで時間がないので、どうするのか手腕を期待したいですけど。

今のバレー選手、特に男子、対人パスで100本もまともに相手に返球できないんじゃないかと思いますねリベロとセッター以外、そりゃゲーリー前前監督が中学生並みに基本からやりたくなるのもわかりますよね^^)
ちょっと藤井に注目してみたい今大会、アジア大会でイラン2軍に勝って、大きな勘違いをしたまま今シーズンを終えるのか、イラン1軍と対戦して多少は目が半開きになるくらいには覚めるのか?

野球でヤクルト宮本選手が常々言ってたキャッチボールが基本。。。バレーだって対人パスが基本、そしてどんなスポーツも基本は面白くない⁇超えることはできるのか。。。

さんざん文句は色々あれども、試合が大きな画面できれいに観戦できる国内で金を使ってする大会は何とも捨てがたい今の気持ち、ま、矛盾しますが正直な気持ちですね~。

今日は、余裕のある海外の選手を職場の前の通りで又々お見掛けするんじゃないかと思います。なんせusj辺りでリフレッシュするんじゃないかな~大会後の月曜日だとハリケーンが心配だろうし、体育館じゃなく市道で見掛けると、そりゃ負けるかもな~の体格ですね。



by 大阪の空の下より (2017-09-14 10:51) 

rio

>YMさん、腰痛持ちの選手が”エース”と祭り上げられて休むわけにもいかず酷使した結果、パフォーマンスがあがらずに批判の的となって精神的に追い込まれてさらにパフォーマンスが低下する悪循環で引退・・・大山加奈ですね。

一方、腰痛持ちだったのでしっかり長期休養して治し、そこからはメンテに気をつかって再発を防いで大成した選手・・・木村沙織ですね。

石川君はどっちになるんでしょうね。6パットのCMで脱がされてますが、骨格筋があんなに貧弱なのにアクロバティックなプレーができてしまうわけで、そりゃ腰やら関節やら痛めるよな、と思ってしまいました。

柳田はまじめで一生懸命ですね。ただ、彼はサーブを期待されているわけですから、そこが安定しない限り合格はできないのでは?と思ってしまいます。柳田のサーブのときに何点ブレイクできるか、というところを計算できる選手になってほしいです。

もともとサイド攻撃の状況判断は上手な選手ですし、そこのテクニックは向上していると思うのですが、代表選手としての彼のアイデンティはそこじゃない、と思ってしまうのですね。極端な話、それだったら浅野が入ってもあまり変わらないはずなので。

柳田がまとめる/引っ張るという立場になってないのも歯がゆいです。自分のプレーで一杯一杯なんだろうけど、周り見渡して、ほかにまとめ役いますか?ってこともちょっと考えてほしいかなと。なんだかんだで期待してるってことですね(^^;

平野ノラは中高でバレーキャプテンだったんですね。私も知りませんでした。売れる芸能人はスポーツ経験豊富な人が多いですね。運動神経とメンタルが必要な職業なんですね。
by rio (2017-09-14 15:44) 

rio

>デイちゃんさん、確かに今大会、石川のうまさの片鱗は見えてますが、”石川らしさ”は表現できてませんね。

出来田はここ数年のぐだぐだジャパンのなかで唯一、国際大会でブロックが通用していた選手なんですよね。なのに控えのオポジット扱いにしてしまうという。

ガイチのバレー観は自分がエースでスターでアイドルだった”栄光のバルセロナ”で止まってますから、ほかのポジションなんでどうでもよくて、全打数の半分以上を打つイゴールみたいな(っていうか、オレ様みたいな)オポジットがいればそれでいい、という発想なんでしょうね。
by rio (2017-09-14 15:49) 

rio

>とひさん、お久しぶりです。そして現地観戦、お疲れさまでした・・・。同じく会場で観戦していた方から「会場から30回以上ため息がもれてた」と聞いていたので、絵が浮かびまくって大変です。

今大会の男女とも、各国監督がやたらと日本をほめてますね。ガイチ、ナカダという”ビッグネーム”にまだ遠慮があるのか?と思ってしまいました。

アメリカは今後、スパロー監督が苦労しそうですね。低迷期を脱して伸び盛り期に入ったものの、ミスってもへらへらしてる感は否めません・・・
by rio (2017-09-14 15:55) 

rio

>小幡大好きさん、一般人でも1年あれば肉体改造はできるわけで、山内がずっとあの体型なのは意識が低いと言わざるを得ないですね。

井手はいい選手だと思うのですが、この2試合なぜかずっと力んでますね。まあ、ブロックがザルでも枠でもなくもはやただのオブジェと化している現状で、それでも拾わなければいけないリベロとしては肩に力が入ってしまうのかもですが。

ちなみに、高松の声で鼓舞されるのは合成限定モデルだけだと思います(笑)
by rio (2017-09-14 15:58) 

rio

>ブログ楽しみですさん、わずか1ミリの心の安定にも気づいてしまうほど救いを求める気持ちの強さ・・・涙が出てきます(←おおげさ

東京五輪を見据えて例えば小野寺を入れたんだとしても、ずっとミドルなのに1ヵ月前にサイドにコンバートされたわけで、育てる気ないですよね。

高橋だって毎回呼ばれてますが、なぜか今回はオポジットじゃないんですよね。OPにしてみたけど使えないからという理由でほかのポジションをあてがったんだとしたら、これまた育てる気ないですね。

平均身長を高くするためのアタマ数?って感じがしてしまいます。で、世界バレーで惨敗して尻に火がついて、計算できるベテランを招集してメダルは取れないけど惨敗はしないチーム、みたいなので五輪を迎えるんだろうなと想像しています。

違う競技の運動神経のいいアスリートを呼んでくる作戦、最近だとアメリカ女子のハニーフがそうですね。走り高跳びで全米トップクラスでした。アフリカ女子では昔からそういう選手がちらほらいます。ただ・・・ほら、日本は走り高跳びも弱いですから(笑)
by rio (2017-09-14 16:13) 

rio

>恭介さん、2度あることは3度ある作戦ですかね・・・(謎)

そう!山内の最大の欠陥はやる気がないところ。しかもミスったときにムッとして無言になるムードの悪さ。ガキなんでしょうね。

高野をいれなかった理由が謎ですね。攻撃力やブロック力では物足りないところが確かにありますが、それこそ柳田の後衛ローテでもいいからいれて経験を積ませるべきでした。

でもたぶん、サイドやセッターやリベロやらのそういうことがぜんぶ
ぜんぶちゃんとなっても、山内が試合の流れを切り刻んで敗北の使者であり続けるんだろうな。

あと3年、全日本男子が山内と心中するのかと思うと・・・へたしたら男子バレー界全体が計り知れないダメージを負うかもしれませんね。
by rio (2017-09-14 16:21) 

rio

>ど素人さん、バレーファンの間で平野ノラの好感度が急上昇ですね(笑)


by rio (2017-09-14 16:22) 

rio

>大阪の空の下よりさん、「ユーキはレシーブをもっと上達させねば」っていうコメントですね。ほんともううちのユーキが失礼ぶっこきました、って感じで(笑)

柳田のあのワンチ、確かになつかしかったです。あれは一か八かではなく勝算あって狙ったんだろうなと思います。指先狙いは一般的ですが、それをあんなふうに上に打つのは欧州や北中米の男子ではあまりないプレーでしょうから、何本か続けて決められたら相手へのプレッシャーになりそうですね。

ワンレグの移動攻撃は男子でも有効だと思います。全日本女子がよくやる長い移動(いわゆるL)は効かないと思いますが、セッターとタテに重なっておいて、そこから両足踏切で前で打つクイックと、片足踏切で後ろで打つクイックを使い分けるとか。

この試合ではワンレグではないですが、李がBに引っ掛けてAみたいな打ち方をして決まりましたよね。北京組のころの松本は、Bの位置で両足で踏み切って空中移動しながらAという攻撃を見せてました。

男子が片足踏切をしない理由は、「したことがないから」というだけの気がします。

いずれにしても、なぜか指導者が選手に遠慮して弱点を克服させられない事態が続いてますね。ゴッツやら越川やら徹底抗戦するめんどくさいやつらがいなくなったのに、指導者側にはまだトラウマがあるんですかね。

ガイチ1年目はチームとしての態をなさないまま終わろうしている感じで、それではあまりにも時間と費用と体力の無駄遣いなので、残り何試合かもう確認する気もおきませんが、残りの試合で”チーム”としてバレーをしているなと感じられる展開を期待したいです。
by rio (2017-09-14 16:37) 

デイちゃん

ポジションチェンジ、今全日本男子で流行ってるみたいですね。
大竹はミドルだったのが、オポジットやってみるとなって、大学レベルだと力任せに打てば決まるから、いける!と勘違い。ポジションチェンジというか、ビーチバレーとかした方がいいかもね。
出來田はもともとオポジットだったから、できるだろ?って感じなのかな。でも堺ではどうするんでしょ。
小野寺は、U23かなんかの試合で見たんですけど、結構スムーズにミドルをこなしてて、こんな選手いるんなら山内とかいらんじゃん、と思ったんですけど、なぜかポジションチェンジの波にのまれてる。
なんなら、ついでに、山内もオポジットに転向しては。(爆笑)

藤井って、ワールドリーグでは、李とトリッキーなコンビをかなりしかけてました。5人のアタッカーの打数が、ほぼ同じって感じで、うまく分散させてたし。
Vリーグでは、「このセッター、安定せんな・・」と思ってたけど、世界が相手だと有効みたい?
今大会は、スタメンじゃなかったりして、まだ力出せてないのかな。

石川、シックスパッドとかマットレスとか、健康アピール系のCMしてるけど、故障してるんですね、きっと。
今年はそんなに試合数もなかったはずだし、特に上位チームとの対戦はなかったんですけど、前年度に痛めた箇所が治ってないんでしょうかね。
ゆっくりとマットレスで体を休めてほしいです。(笑)
by デイちゃん (2017-09-14 16:49) 

ななし

リー兄貴ですが、また世界選手権の時には帰ってくるらしいですよ。
ブロード攻撃はブラジルのルーカスがたまに打ちますね。
by ななし (2017-09-14 17:04) 

しょう

う~む・・よくわかんなくなってきました。

アジアやWLグループ2で通用してた強みが、強豪国には一切通用しない。

そりゃレベルが違うから当たり前なんですけど、それは、メンバーや戦術を一新すれば可能性が見えてくるものなのか、そもそも可能性すらないのか。

だって、前回のグラチャンでも全敗だったじゃないですか。
メンバーも指導陣も違う。なのに結果は同じ(←今回も全敗と決めつけてる・・笑)

私、思うんです。
どの選手にもそれなりに弱点ってあると思うんですが、日本の選手って、その弱点が致命的過ぎません?

良さがあったって、その弱点で全部帳消し、みたいな。
で、その弱点をお互い補え合えるような連携も取れていなさそう。

それなら、攻撃力はそこそこで、致命的弱点のない選手ばかりを揃えた方がまだマシなんじゃないか、とツラツラ考えてしまう今日この頃です。。
by しょう (2017-09-14 18:08) 

ななし

あ、すみません。補足ですが、ルーカスのブロードはあっても試合の中で1回とかなので、奇襲って感じです。連発してたら通用しなくなるんだろうなとは思います。
by ななし (2017-09-14 18:34) 

rio

>デイちゃんさん、藤井が安定しているように見えるのはたぶん猫かぶってるからですよ。Vリーグであれだけ暴れるわけですから。いっそマルーフ目指せばいいのに、と思ってしまいます。

ビーチバレーをインドアの練習に取り入れている国は多いですね。確か植田体制のときもやってたのでは。足腰の強化+ボールの扱いがうまくなるとか。

それにしても、小野寺しかり、大竹しかり、アスリートになれてないですよね。20代前後で線が細いのはまあいいですよ(山内は細すぎですが)。でも、鍛えていないのはまずいと思います。

技術もスピードもベースになるのは筋力なので、本気で世界と戦うつもりなら必要な筋力をしっかりつけるべきですね。
by rio (2017-09-16 01:23) 

rio

>ななしさん、情報ありがとうございます。北京の時に若手だったリーももはや大ベテラン。ビシッと締めてアメリカ復活を確実なものにしてほしいですね。
by rio (2017-09-16 01:25) 

rio

>しょうさん、メンバーと戦術をかえたら、イタリア戦、なんとかなってしまいましたね(笑)

藤井はたとえ山内ですら使いこなせることがわかりました。試合の組み立て方も深津より上手。となると、あとはサイドですね。サーブレシーブを含めた守備力、つなぎの精度、オポジットのライト側からの決定力。この3つは次の1年でなんとかなりそうな気がします。

なので、早急にメンバーを固めることが重要かなと。とっかえひっかえではチームの練度を上げる時間が無くなりますから。石川は東京五輪で活躍したいなら、ぐっとがまんして長期休んででもケガを治すことが先決かと。で、キャプテンは柳田でよいのではないかと。そんなことを思っていました。
by rio (2017-09-16 01:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント