So-net無料ブログ作成

Vリーグ男子:三つ巴の争いを経てファイナル6へ [バレーボール]

Vリーグは男子もついにファイナル6へ。レギュラーラウンド終盤、三つ巴の争いと言えば世間的には豊田合成・パナソニック・東レのトップ通過争いでしょう。パナとの直接対決を制した合成がなんだかんだで1位通過、JTにスト負けのあと堺にスト勝ちして食い下がった東レは、セット率勝負で0.2ポイント下回っての2位という激戦でした。

いやいやそんな殿上人の戦いはもはや目がかすんでよく見えなくてですね。私の中の三つ巴と言えば、堺、JT、FCのべべたんこ争いですよ。最終週の2試合、プレッシャーゼロのFCが堺とJTから勝ち点計3ポイントを奪取するプライドを見せた一方、堺は東レにぶっさいくな試合でスト負け、JTはいろいろなことがかみ合わないまま自分で靴ひもを踏んでこけたみたいな負け方で、情けなさで言うと目くそ鼻くそだったのでした。

堺・真保監督の試合後のコメント
今日はサイドアウトの場面、ブレイクの場面ともに、相手との差を感じる試合となった。その両局面の細かい違いによって、試合が進むに連れてプレッシャーがかかってきた。我々の良いサーブに対し、東レは確実にサイドアウトを取り続け、崩すことができなかった

 ( ゚Д゚)ハァ? ( ゚Д゚)ハァ? ( ゚Д゚)ハァ? 

「細かい違い」って、素人目にもクリアにわかるほどチームの訓練度が全然違ってたじゃないですか。「我々の良いサーブ」って、ほとんどが意図の不明瞭な中途半端なサーブで、その6割がリベロ井出のところにいってたじゃないですか。このコメント、誰に向けた言い訳なのか知りませんが、現実をまっすぐ見られなくなったらもう末期症状ですよ。

それでは困るので、「細かい違い」じゃなかったよね?という確認をしておきたいと思います。

この試合、ブロック1位の富松がなぜかベンチアウト。実況にも情報が入っていなかったそうで理由は不明です。これが小林監督の作戦だったら面白いけれど、ベンチアウトだからさすがに体調面で何かあって大事をとったのかも。
なので、堺としては絶好のチャンス……のはずが、代わってスタメン起用された小宮を最後までつかまえられず

大きな違いその1:真保式なんちゃってデータバレー、アドリブがぜんぜんきかない。

それはさておき、第1セット開始直後の1本目ですよ。堺のサーブからで、相手前衛に富松はいないのに松本とウォレスが2枚でセンター線にコミット。レフト側ががら空きで、鈴木に気持ちよく叩きつけられてしまったのですね。

東レはクイックから始める傾向にある → 2枚でコミットしよう。この発想の飛躍、おかしいですよね?相手がクイックから始める傾向にあって、それをつぶしたいなら、クイックを使いにくくするサーブを打てばいいのでは。

でも、真保監督のサーブの指示は「ジャンプサーブは得意なコースに」なんですよね。←これ、タイムアウト中によく言ってます。なので、ジャンサ陣がみんな得意なコース=後衛中央のリベロの真正面に入れにいってしまうわけですよ。これって多様な攻撃をしかけてください的なお膳立て。そんなことしておいて露骨にコミットで張るなんて、え?バカなの?って言ってみたくなります。Vリーグのレベルをなめてるんでしょうか。

一方の東レは、最初から高野狙いを徹底。それも、高野に触らせればいいレベルじゃなく、前後左右に揺さぶってたんですね。高野のサーブレシーブには定評があるものの、彼は体勢の崩れ方が大きく、そこから次の動作に移るまでに時間がかかる傾向があります。たとえば、サーブを前に落とされたときに足が1歩出ずに体を投げ出してしまったり、スライドするサーブに対してそのまま体が流れてしまったり。筋力不足なのか経験不足なのかわかりませんが、この弱点を東レに徹底的に突かれました。

チームのサーブレシーブ本数62本のうち、高野は26本、リベロの井上が22本。井上は守備範囲をかなり広く取って高野をカバーしていたので、井上の本数には高野がとるべきだったものもかなり含まれています。東レがいかに高野狙いを徹底していたか、この数字からもうかがえます。

東レのこのサーブ戦術への堺の対抗策は、井上が守備範囲を広く取ることと、千々木を後衛で今富(本職リベロ)と交代させること。今富が入ったところで東レは高野を狙うわけで、千々木のバックアタックがなくなっただけむしろラッキーだったでしょう。高野がサーブで崩され、松本がブロックで(後述)封じられ、後衛・千々木を隠されると、佐川はウォレスに上げるしかないですよね。監督が選手を後ろから撃ってるような采配。見ていてつらいです。

大きな違いその2:真保式にはサーブ戦術がなく、相手のサーブ戦術に対しても無策


第1セット1発目のノーブロックだけでなく、中盤にも香ばしいプレーがありました。例のごとくヤマカンで跳ぶブロックにこだわっていて、18-19の場面で、出来田がリハクのクイックにコミットで跳んだところをあっさりレフトに振られ、鈴木にクロスに決められたんですね。で、19-21の場面で、まったく同じこと=リハクのクイックにコミットで(以下略)をされたんですよ。もう真保式の手の内がばれてんだよ。気づけよ。

↑このプレーの間にあったラリーでは、ジョルジェフのバックライトからのクロス打ちが出来田と千々木の間を抜けたわけですよ。そのコースには高野がしっかり入っていて体勢十分だったはずなのに、抜けてきたボールに全然反応できてないんですね。定位置には入ってるけどブロックとの連携はしてないよ、っていう。あれだと強打じゃなくてワンタッチやフェイントでもとれなかっただろうなという反応の鈍さ。

でもまあ、仕方ないよな。ヤマカンでブロックに跳ぶ”システム”だし、千々木やウォレスがブロックに跳ぶと空中で手を開閉してしまうし、レシーバーとしてはどこから打球が飛んでくるか見極められない状態なわけで、そりゃ反応遅れるよな。

一方、ブロックとレシーブの連携という点では、東レは合成と並んでリーグ最高レベル。その練習に時間を費やしてきたんだろうなということがはっきりわかる位置取りと無駄のない動き、そして粘り強さ。東レの必殺技=ラリー中の強引なクイックもこの連携があってこそなんですよね。

ちなみに、堺=ブロックが強いとはもうまったく言えないですね。レギュラーラウンドの結果は前半の貯金があったからで、今年に入って堺のブロックが明らかに上回っていたのは1月29日のジェイテクト戦ぐらい(この日のジェイテクトは前日にファイナル進出を決めたせいか不甲斐ないプレーを連発してたのでした)。

その他の試合ではブロック本数で相手と同等か負けてます。本日の東レ戦ではブロックわずか1本。1発目にノーブロックでサイドから打たれながら、同じ第1セットの11-15の場面のセットプレーでは、今度はセンター線をノーマークにして、リハクにノーブロックでクイック打たれてますからねー。何がやりたいのかもはやわからず。

大きな違いその3:真保式にはヤマカンブロックシステムがあるだけで、トータルディフェンスの発想そのものがない。

そして最後に。苦しい時の松本頼みでやってきた堺、この試合ではまさかの打数2、決定1だったんですね。打数2桁で半分以上決めるのが”当たり前”だったのに。原因は、東レが松本を徹底マークしてたからです。

東レは松本のクイックに、第1セットからベタ張りしてたんですね。しかも佐川のクセと松本の入りをよく研究していて、松本が確実に打ってくると判断したときはコミットでフルジャンプ、手を思い切り前に出して空中で待ち、そこからさらにコースをふさぎにいくほどだったのですよ。

そこまで確実性が高くないときはリードなんですが、それでも必ず松本にプレッシャーをかけてからサイドに向かうという。それを最後まで徹底した結果、第1セットすでにタイミングが合い始め、第3セット序盤で完璧にシャットアウトしたのでした。そこまでやられたらそりゃ上げられんわな。

大きな違いその4:真保式コミット=ノーブロックで打たれただけ、小林式コミット=相手の切り札を機能不全にするためのアクション

結局、サーブで高野をつぶされ、ブロックで松本をつぶされ、千々木はいまだに出たり入ったりで、どこから見ても完敗。「細かい違い」どころかチーム作りの根本からして負けていたわけですよ。

東レだって紆余曲折を経てここまできたわけで、堺がこれっきりもうだめだと言うつもりはありません。ただ、なにもかもが負けていたぶっさいくな試合を(しつこいけど→)「細かい違い」と言ってしまうようでは、先はますます暗いんじゃないかなと心配です。


nice!(0)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 24

小幡大好き

久しぶりのブログ、熟読させていただきました。 真保式ヤマカンブロックが崩壊したとなると、基本的には相手のスパイクに瞬時に跳ぶしかないのでしょうか?素人質問ですが、ご教示願います。 真保の読み方は、「まほ」ではなくて「しんぼ」と読むのですね。最近、知りました。真保監督、この場を借りてお詫びします。
一方、女子は、カモメとネコが入れ替え戦です。特にネコには頑張って欲しいです。ネコの相手はドクターかミツバチか、興味深いです。
by 小幡大好き (2017-02-05 23:50) 

お名前(必須)

このブログでいつも勉強させてもらってます^ - ^
長年の男子バレーファンとして個人的に分析しました。
今年で分かったのは酒井監督時代の
堺はペピチ選手の体力的ピークの年に勝てただけで
その年に日本人の実力をつけることを
怠っていたのではないでしょうか?


印東監督はそのツケを払いながら
日本人の実力を上げましたが、
お天気坊やペピチさんがピークを過ぎてしまったので、
このブログでも書かれていたように
日本人が自立できるように育てながらも何とかやりくりしながら
面白いバレーを成立させてきたと思いますがいかがでしょう?
長年見てきましたから印東監督時代の
石島選手出耒田選手佐川選手千々木選手らが
どれほど伸びたか解ります(^ ^)
サンバファンですけど
去年までの堺の激しいバレーは怖かったです。
今年は全然怖くなくなりました。



真保監督は、元サントリーサンバーズの優秀な外国人を獲得して、
そこに上げまくる作戦です。
成長した佐川選手を使わず出耒田選手にはトスを上げず
せっかく上げた日本人の実力の遺産を食いつぶしたと思います。
優秀なコーチなのでしょうけど、
試合ごとに変わるメンバーを見ると迷走してますし
ブロックや攻撃もちぐはぐで
ブログ主のいうようにバレーボールがつまらないです。

インターネットで酒井監督時代の
堺のバレーに言及しているものがほとんど
見当たらないのはなぜなのでしょう。

JTのおかげでファイナルに滑り込んだことで、
業績を評価されて浮かれそうで複雑な思います。
これで1勝でもしようものなら
何もなかったようにされそうですネ。
by お名前(必須) (2017-02-06 00:28) 

rio

>小幡大好きさん、カモメはつらいですね。いやほんと、見てるのがつらいです。

最近、宮下のトスがテツandトモの「なんでだろう」のコンブのネタに見えて仕方ありません。

真保式ヤマカンブロックはとっくに破たんしていると私は思ってますが、撤回もしくは改訂されたわけではなく、”システム”としてまだ稼働中なんですよ。なのでノーブロックでパンパカ打たれるんですね。

で、データの及ばない領域=長いラリーとかになると、あとは選手が自分の判断で跳んでるようです。なので2枚でも跳ぶタイミングが違ったり、3枚いくべきところで行ったりいかなかったり。

どのチームだってノーブロックで打たれることはありますが、真保式のようにほぼ毎セットやられるチームはほかにあるのかな。

相手にすると簡単ですよね。ブロッカーと駆け引きする必要がなく、たとえばブロッカーのいる位置から遠い方向に上げれば決まったりするわけですから。
by rio (2017-02-06 01:06) 

rio

>お名前(必須)さん、そうですね。堺は酒井時代まで、頑丈な外国人選手にひたすら打たせるだけのバレーをしてましたから。

お金がないクラブチームだけど名門だから、北島、石島、千々木のように本当だったら”日本の宝”となるような優秀なサイドアタッカーを集めることができて、それなのに外国人頼みのバレーに甘んじるという。

ちなみに、真保監督がウォレスをとったのかどうかは微妙ですね。印東監督とペピチの退団が4月下旬、真保監督とウォレスの就任発表が6月上旬の同日なので、ペピチの契約満了を見越して印東監督がウォレスを獲得していた可能性もなきにしもあらず。ウォレスのあの万能ぶりとキャプテンシー(堺ではやる気をなくしがちですが)は印東バレーっぽい感じがしませんか?

出来田はネットから胸まで出る高いクイックが魅力ですが、あのお粗末なサーブレシーブではそもそもセンター線が使えないですよね。サーブレシーブ成功率最下位って”栄光の新日鐵”が一瞬でサビだらけですよ。

伊藤をキャプテンにした意味もまったくないですよね。コートに立ち続けるわけでもなく、チームメイトを鼓舞するわけでもなく。たまに出てきたらレシーブはミスるし、ジャンプはできないし、ぼさっと立っててウォレスに怒鳴られて。伊藤を主将指名してどういうチームにしたかったんだろう。

入れ替え戦をぎりぎりで回避できたことでとりあえずほっとしてると思うので、ファイナル6で1つでも順位を上げ、内容も改善して、何かしら収穫はあったよ、という終わり方を目指してほしいです。

ただ、来季もあるとして、真保式にこだわり続けてチーム作りをおろそかにすれば、遅かれ早かれ入れ替え戦に出ることになると思いますが。
by rio (2017-02-06 01:27) 

デイちゃん

石島はリーグ途中で離脱してビーチに行き、越川は離脱せずVリーグで試合に出てますね。
石島さんの行動に疑問符。ま、いなくなったからいっか。
JTはFCに勝てばファイナルに行く可能性もあったと思うんだけど、越川さん、インドアでの有終の美を飾れず、残念でしたね。お疲れさまでした。
廃部になるクラブって、選手もやる気がなくて、試合もボロカスになる傾向がありますけど、堺やJTは大丈夫ですかね。

珍しくNHKとかで、Vリーグの試合がかかってたので、見たんですけど、男子も女子も東京オリンピックの星になりそうな選手はいませんね。
by デイちゃん (2017-02-06 13:31) 

戯言

たくさんブログなんてもんがあるけど、こんなに監督の指導力にまで話が言っているのはここくらいだな。バレーファンの中で○ホ監督なんて失礼なこと言う輩がいてるけど、マホ監督じゃなくてシンボ監督だからね。積み上げるのに時間をかけてきた前任監督の努力も自分の色に変えてるんだから相当なタマではないの。元監督の酒井が久光行ったけど、中田時代から何の変化も起こさないっていう点では、すごいね。久光のバレーや日本のバレーを変えてやるっていう気概がないところまでは分かった。変な変化をすぐに起して悪化させる真保みたいなのもいれば、全く変化を起こさない酒井みたいなのもいる。印東で確かに堺はいい変化が起きていた。それは誰もが認めるところだろう。その結果が出る前に退任。印東君が万人に理解されることはないだろう。でも彼のメッセージはシンプルだと自分は受け取ってる。時間をかければ必ずいい変化を起こす男だろうが、反対に時間を与えなければ良さも伝わらないだろう。なんていう指導者側に興味のある素人の戯言。以上。

by 戯言 (2017-02-06 14:49) 

aiiin

やっぱり悪口って楽しいなぁ~(笑)。でも毒の中に、かすかな愛が隠し味に入っている、これが大事なところですね。

女子バレーを専ら見ているので、カモメさんをどうご覧になっているのか非常に興味があります。あの監督は・・・やっぱりいろいろ問題あると思いますがどうでしょうか。2ちゃんねる的ではありますが、宮下もあの監督のもとにいたのではやばいのでは、と思っている一人です。
by aiiin (2017-02-06 19:32) 

rio

>デイちゃんさん、石島はある日突然、明確なアナウンスもないままベンチアウトになったのですよ。

で、その翌週には会場にも姿を見せなくなり、そのままリーグ途中の離脱が発表されたのです。これ、どう考えたって真保監督ともめたか、選手同士でもめたとしか思えないですよね。

誰にどんな責任があるのか知る由もないですが、少なくともこんな辞め方だとビーチに行ったとしてもやりづらいだろうに。。。
by rio (2017-02-06 21:04) 

rio

>戯言さん、いやはやまったく、印東体制は3年目からが大注目だったのに残念なことです。

100年住める家がほしいのか、その日の雨露をしのぐテントを立てたいのか。痛みの激しい古民家に住んでいる堺は、印東監督に大規模リフォームをお願いしたはず。

なのに、調査して、準備して、さあリフォーム始めるよ!ってときに退任となり、そんな経緯をまったく知らない業者=真保監督が工事を請け負うことになったわけで。そりゃあキテレツなものになるも当然ですね。

男子で言うと東レの小林監督、女子で言うとNECの山田監督、みなさんじっくり取り組んでます。堺は経営陣から刷新したほうがよさそうですね。
by rio (2017-02-06 21:16) 

rio

>aiiinさん、せめて勝ち残りでファイナルに進んでくれればまだ納得のしようもあったものを・・・と思います(^^;

岡山シーガルズについて、堺と同じくクラブチームびいきの私としては応援したいことはなはだしいのですが、いやもうほんと、何がつまらんってシーガルズのバレーほどつまらんものはないと思うのですよ。日本バレー100年の歴史の中でも殿堂入りしてしまうぐらいつまらんバレーをいつまで続けるつもりなんだ、という。

宮下はこのままだとダメだと思います。上積みやのびしろはほぼ見込めない気がします。

でも、本人がそれでよければ周りがあれこれ言ってもダメなんですよね。自分を心の底から動かせるのは自分しかいないわけで、周りがやいやい言って無理に動かしてもつぶれるだけでしょう。

宮下はいわば芸能界の子役スター。子どものころからシーガルズしか知らないから怖くて外の世界に踏み出せない。でも、宮下が子役スターだった時代はもう終わってしまった。このまま”あの人はいま”になるのか、本格派女優に脱皮するのか。それも本人次第ですね。
by rio (2017-02-06 21:26) 

デイちゃん

そうなんですよ。
石島、急に消えて。
普通は、たとえ試合に出なくても、最後の試合までチームにいて、最後の試合の後、ファンとか関係者にあいさつしますよね。
急にいなくなるんじゃ、フリーターとかのバックレと同じじゃん、と思ったのでした。
まあ頭の中はその程度なんでしょう。これからの人生、大変でしょうね。もう守ってくれるものはない。さようなら~。

そもそも石島なんかとペアを組んでくれる人いるのかなあ。
石島なんてすぐキレそう。試合途中で放棄しそう。
まあ、協会は、石島と越川でペアを組ませて、客寄せに使おうと目論んでるんでしょうね。(笑)
by デイちゃん (2017-02-06 22:31) 

小幡大好き

ゴッツ出奔、宮下成長せず、バラバラ堺など、rioさんにはつらいことばかりですね。
ゴッツには、ガッカリです。まだ越川の方がマシです。
宮下は、もう本人次第ですね。できれば大輪の花を咲かしてほしい!
堺は、印東さん復帰ですね!
by 小幡大好き (2017-02-06 23:03) 

カワカワ

悪口って楽しいですよね〜言ってる本人はね。大抵の悪口は周囲の人を不快にさせます。何故なら対象への愛がないただの排泄行為だから。

堺ファンの私がこのブログを読んで内容に納得しつつも憤りながら読み続ける理由はその悪口の中にきちんとリオさんの愛を感じられるからなのです。

今の堺のブロック見てて全日本OQTの中国戦の時みたいだと思ってました。真保監督、なんで全日本でうまくいかなかったシステムを堺に持ち込むかな。

堺のサーブレシーブは印東監督時代もその前も良かったことはありません。

堺は戦術なしの力技と個人芸と勢いでやってきたチーム。印東監督がサリバン先生のように「これは水です!」と水を知らないヘレンケラーに教えるように選手たちに繰り返し戦術を説明して過ごした2年間だったと思います。

しかしヘレンケラーにとってはもしかしてそれは大変理不尽なものに思われたかもしれないですね…
by カワカワ (2017-02-07 00:33) 

恭介

長いようで短かったレギュラーシーズンが終わりました。結果合成が一位。福澤がいなくても清水がいなくてもどうでもいいけど、クビアクがいなければ何もできないパナが終盤脱落。いつだかの試合で、Rioさんご贔屓の梅北さんが、山内についてコメントを求められ、「....まずゲームについていけていない。センターはまずはネットに張り付いてそれからセッターのトスを見てからサイド移動する。しかしそもそもネットにすらつけていない(意訳)」
はい、正論でございます。
しかしこういった現実的で厳しい指摘する解説って他にいました?竹内さんとか熊田とか大竹とか超空気間丸出しの山内をベタ褒めですよ.....これって誰得?山内やパナを褒めれば業界での地位でも保障されるのでしょうか??
ミッキーの辛い辛すぎる解説にはもう笑いましたね~。伊藤のサーブレシシーブには攻撃参加の意図が見られないとか攻撃力がないとか.....。
きっちりと解説してくれる方を呼んでほしいです。まあファイナル終わればだぞーんも解約するのでどうでもいいですけど.....

堺はJTのお蔭で入れ替え戦免れてほんとよかったね、みたいな。もうそれくらいしか感想が出てこない。一応全試合観戦しましたが、面白味がなくて見ていてつまらない。デキタが腐っていくのではないかと心配です。
JTの敗戦はあの監督のせいでしょう(断言)。勝負勘ないですよね~。八子をこよなく愛しているし。前も言いましたけど、八子といい古田といいチヂキといい、手塚といい、この世代ほんとーに......。本来なら日本代表背負っていてもいいメンバーなのに。これが植田の遺産でしょうか。

その全日本は、東京へ向けての一年間をもうすでに浪費していて。実質三年でチームを作らなければならないわけですが、準備進んでいるんでしょうかね?一体誰を核にチームを作るのか。石川は若いのにケガだらけ、石川抜きの構成も視野に入れなければならないと思いますし、そもそもオポ候補っています??誰?堺松岡?....大竹.....?
まさか人気のある柳田主体でチームを作る気じゃないでしょうね...ありえそうで恐ろしい。そうなるとセッターは山本でしょうか。低い、低すぎる.....。柳田はピンサ枠でいいと思いますが、彼と同様の勝負強さがあるWSがいないのもまた事実ですよね。合成の山田なんてポテンシャルは高いのに、メンタルが豆腐だからチームの足を引っ張りまくり。個人的には高野君代表収集希望しますけどまあ無理だろう。
このままじゃ本当に東京で全敗なんてこともあり得るわけで。
日に日に、男子バレーが嫌いになりそうでさびしいです....
by 恭介 (2017-02-07 21:42) 

rio

>デイちゃんさん、途中離脱でもさすがにリーグ終了か黒鷲終了の時点であいさつにくるんじゃないかとちょっと思ってたりもするのですが。懲戒解雇や諭旨退職じゃないんだから、っていう。


by rio (2017-02-07 21:57) 

rio

>小幡大好きさん、宮下でうまくいかなければ、日本はまた高身長セッターの育成を諦めてしまいそうで心配です。PFUでは松浦が上げてますが180cmには見えない低さ。男女とも、セッターはほんと人材難ですね。。。
by rio (2017-02-07 22:02) 

rio

>カワカワさん、これでも一応、「いいところを見つけて書こう」「ほめて伸ばそう」と思うんですよ。しかも毎回(^^;

ただ、その想定とガマンのまっすぐ上を越えてくる衝撃的なことばかり起きるのでもう試合中なんて憤りに次ぐ憤りの連続で・・・うっかり堺のホームゲームを見に行ったりしたら放送できないピーピーピーを連打で叫んでしまいそうで危ないところでした。

堺は確かにサーブレシーブがいいわけではありませんが、印東時代はそれで8チーム中の真ん中らへんだったんですよ。

リーグ最弱リベロの井上、気が小さくて狙われるとすぐにミスる→キレるの連続芸を見せる石島、マルチタスクの能力が高くないばかりに攻撃に意識がいくとサーブレシーブがおろそかになる千々木。この3人がレギュラーでサーブを受けてて、それでもリーグの真ん中だったわけで。

なので、優しい真保監督が手綱をぱっと離したらこの体たらく。印東監督が高野や今富といった若手を採用し、サーブレシーブにも入れるウォレスも加入したのに。

千々木・伊藤から上の世代は戦術なんてめんどくさいだけ、って感じでしょうね。でも、新加入のウォレスは戦術意識が高く、周りのそういう意識の低さ、レベルの低さがガマンならない。で、怒ってみたり、心が折れてやる気をなくしてみたり、紆余曲折あって、いまは開き直ったのか、事実上のキャプテンとして喝を入れ続けてます。

選手たちはこの現状、どう思ってるんでしょうね。特に、印東時代のキャプテンだった千々木に聞いてみたいです。
by rio (2017-02-07 22:23) 

rio

>恭介さん、梅北解説、おもしろいですよね。本質的なところを簡潔にすぱっと切ってくれる。切れ味抜群だから血も飛び散らない。

指摘に嫌味がないし、お為ごかしのフォローもしない。その上でトーンが明るいから陰惨にならないという。バレーのプロというだけでなく、解説者としてのスキルが高いなと思います。

竹内解説は実況の話しかけをスルーしまくるところがツボで、そればっかり気になります(笑)

それはさておき。山内はパンナコッタみたいな名前の監督・・・じゃなくてコーチ、モッタパエスでしたっけ、彼のもとで成長していると思いました。100%純度のシロウトだったのが、Vリーガーを目指せるレベルになったかなと。このまま地道に努力を続ければ、30歳までにはVリーガーになれるのではないかと思ってます。

それもさておき。ほんと千々木・八子世代。いや、世が世ならふつうに千々木と八子が代表で対角やってないとおかしいでしょ、っていう。

で、控えに白岩が入って守備固め……と言いたいところですが、こっちは攻撃面が全然ダメで、サーブを受けたらさらに攻撃に入れなくなるという。

それともう1人、記憶から抹消されかけてますが椿山。伊藤とタイマンはれるぐらい肥え太ってますが実はバレーエリートでオポジット。本来だったらゴリとポジション争いしてないとおかしいよね、っていう。

なんなんでしょうね。個々の選手の特長だけを見るとすごいチームが作れそうなのに、並べて俯瞰した瞬間から漂うポンコツ感。

さらにこの世代、「五輪でメダル取りたいです」的なことをいうキャラが全然いないですよね。1つ上の世代の越川、石島、清水、福澤、米山あたりが五輪にこだわり続けてることとの高低差がありすぎて耳キーンなりそうです。

ということで、私は出来田を軸に、それより下の世代がまとまっていくことを期待してます。高野ももちろん招集されるべき。高野は堺の上の面々とは上手に距離を置いているようですから、このまま染まらない状態をキープして、むしろ代表試合でいろいろ学んでほしいです。

それにしても、男子のセッター人材難も深刻ですね。リーグを見渡しても決定打は見当たらず。結局、アタッカーを選んでからその最大派閥と同じチームのセッターを引っ張ってくるか、技術よりも人柄重視で選ぶか、になりそうですね。

まあ、技術的な理由から代表を外されてたロイ・ボールが、マッカーチョンのたっての願いで代表復帰して36歳で金メダルをとった例もありますから、ほら、誰かベテラン、んー、んー、いないか・・・orz

決定打がない以上、ころころ変えるのはマイナスにしかならないので、消去法で深津弟になっていくんですかね。
by rio (2017-02-07 22:56) 

えぬ

堺ブレイザーズ、ファイナル6進出おめでとうございます。

私はJTファンですので、JTに進んで欲しかったのですが、チャンスがあったのに何やってんでしょうか、もう・・・。無念です。

そんな残念なJTを応援していながら、他チームをどうこう言うのも気が引けるのですが、堺ブレイザーズもどうしちゃったんでしょうね。

印東監督時代、対戦相手としてはすごく嫌なチームでした。これから強くなるだろうなぁ怖いなぁと思うと同時に、チームの成長が楽しみでもあった昨シーズンの呉大会・・・。
ベンチ後ろの席で観戦していたので、タイムアウト中に印東監督がブロックの細かい修正を指示しているのが聞こえてきて、全日本の監督とは違って具体的な話をするんだなと新鮮に感じたのが懐かしいです。(データにもとづいた指示ではなくて、腕の形とか角度の話でした)
そして先日の呉大会は・・・。堺、迫力なくなったなぁと。サーブもブロックも昨シーズンと全然違って。監督が代わるとこんなに変わっちゃうものなんですね。(JTは監督が同じでもリーグ制覇した面影がなくなってますが、それはさておき)

何よりがっかりしたのは、ビーチ転向を発表したゴッツさんがチームに帯同していないことですね。チケットを買ったときは呉にも来てくれると思ってました。インドアのプレーを見るのは最後になるかもしれないから、しっかり見ておきたかったのに。

ゴッツさん本人はシーズン終了まで堺でプレーするつもりだったけど、チーム方針で外されたと思っていたので、チームに対して恨めしい感情があったのですが、ここのコメント欄を読むと、別の受け取り方をした人もいるんですね。わたし選手に甘いのでしょうか。
どっちにしても、チケット代の3分の1は、ゴッツさんを見たくて払ったつもりなので、「ちょっとだけ代金返せー」と思ったりしました。
観戦に行った土曜日はJTが東レに予想以上の快勝でした。東レも好きなチームなのでちょっと複雑でしたが、ゴッツさんのいない寂しさが少し紛れた感じです。

日曜日の試合でJTの入替戦行きが決まって、なんだか落ち着きません。
降格は回避してくれる・・・とは思うのですが、JTって「まさかの負け」があるので・・・。
もし、万が一、降格してしまったら。
来シーズン、プレミアリーグの試合は広島では開催されないだろう = 米山くん(東レ)が広島に来ない のです。
チームはJTを応援するけど、選手では米山くんが一番好きな私には、切実な問題です。
何が何でも、JTには頑張ってほしいと思います。

by えぬ (2017-02-07 23:36) 

rio

>えぬさん、今季はあの手この手を繰り出してくるチームがパナソニックだけになってしまってさみしいですね。

そのパナもクビアクとモッタパエスコーチの加入でそれに着手したわけで、ぎこちなさは否めません。堺の存在感、順位に関係なくあなどれない感じ、これがないとリーグ全体が盛り上がらない気がしています。

JTのブコビッチ監督はサイドとセンターのとっかえひっかえをいつまでやるんでしょうね。野球のピッチャーみたいに中3日みたいなローテがあるならわかりますが、選手交代の意図がいまいち見えません。

石島がリーグ途中に無理やりな感じで退団してしまうのはベンチアウトがきっかけでしょうし、故障でもない限りベンチアウトになるのはそれなりのもめごとでしょうし、石島も決して優等生ではなくどちらかと言えば困ったちゃんですし、これについては公式発表がない以上、なんとも言えませんね。

堺の発表文の中の「石島雄介選手と弊社との間で、その後も継続して対話を重ねてまいりましたが」のくだりに決裂のようなものを感じてしまいますが。

JTは4年間、良くも悪くも越川ショックでここまで来たと思います。ほぼ同じメンバーで優勝から入れ替え戦まで経験するなんて(笑)。笑い事じゃないかもしれませんが、ブコちゃんなにやってんの?という印象は否めません。

ただ、さすがにチャレンジ組との実力差は大きいでしょうね。事実上、プレミアはセミプロ、チャレンジはアマチュア主体ですから。プレミアにいた大分三好の今の練習スケジュールを見るとすべて午後から。プレミアのチームはどこも朝から練習してますから、それだけでも差が出そうですよね。

入れ替え戦では責任を感じてルブちゃんが奮起すると思います。深津兄の焦り癖が出なければ順当に勝つのではないかと。
by rio (2017-02-08 02:19) 

あほー

代表、どうなるんでしょうか。毎日JVAの公式サイトをチェックしてますがなかなか発表されない。あれ?代表って去年いつぐらい発表されたかな?
今年以降オポジット、セッター、リベロの世代交代を図らなければいけない訳で、それがなされなかった時には「もうこんな代表知らね」と賢い選手にそっぽ向かれちゃうかもよ。
清水の後任がいない?あのレベルの選手の後任がいない訳なかろうが。
私としては東亜大のサウスポー古賀、又は早稲田のパワーヒッター山崎が適任かと。
セッターは彼がいますね。日体大の道井194cm。
トスワークはどうか分かりませんが(日本代表セッターとしては)身長高いし、石川も柳田も自分がサーブで狙われてレセプションが崩れた時に責任もってハイセットを打ち切る位のことはできるので問題ないでしょう。
リベロは今フランスにいる古賀弟こと太一郎さん、控えに川口君がいいかと。
あと真保さんは完全にVリーグを舐めていらっしゃったでしょう。世界相手にはタカサトパワーで通用しなかったけどVリーグ相手になら通用するっしょ、と。
彼は現実が見えていないのではなく見たくないだけなのではないかと。真保式ブロックシステムが通用しないとなれば代表にも招聘されなくなるどころか自分に何も残らなくなってしまうので縋り付くしかないのでしょう。
そうだとしたら哀れな方です。
by あほー (2017-02-09 15:35) 

えぬ

ゴッツさんやっぱり揉めたんでしょうね。原因が何なのかわかりませんが、しこりが残らない形で終えて欲しいですね。
ゴッツさんのサーブ、もう一回見たかったです。
サーブで下がるときにきっちり歩幅をはかるところとか、試合中にキレるところとかも。

JTの入替戦、rioさんが順当に勝てると言ってくださると心強いです。ご指摘のとおり深津兄が心配です。必要以上にプレッシャー感じずにやってほしいですね。ダメそうならヤギさん(井上)お願い!

優勝から入替戦まで・・・。ええ、もうお腹いっぱいですよ。
怪我人だとか外国人選手の契約云々だとか、いろいろあったのでしょうが、こんなに調子を落とすとは。選手層が薄いのでしょうか。

越川くんには感謝しかありません。
ちょっとスキャンダル的な(?)こともあったようですが、それでも彼なしでは、リーグ優勝はあり得ませんでした。気が弱そうだったJT選手に、闘う気持ちを持たせてくれたのは、さすがです。ヴィソット選手にもいろいろ言って意識をかえさせたようですし、このへんは海外でプレーした経験あってこそですね。

他の方のコメントでも、期待外れ選手の代表みたいに八子くんの名前があがって、耳が痛いです。申し訳ない。
私も八子くんが存在感を示してチームを引っ張ってくれる日を、ずっと待っているんですよ。そろそろくたびれました。

カープのプリンスと呼ばれた堂林人気にあやかって、バレーでもイケメンで集客しようと、一時期、地元TV番組が八子くんを「プリンス」として押し出そうとしたことがありまして。本家と同じく期待は大きいのに結果が残せない選手となってしまいました。そんなニックネームつけるからだよ、もう。
越川くんの退団が決まった今、今度こそ、八子くんが引っ張ってくれることを期待します。

by えぬ (2017-02-11 12:51) 

恭介

ファイナルの興奮が冷めやらぬまま、Rioさんの記事を待たずに再度のコメント、大変失礼いたします。
ファイナル観戦されましたか??
もう一番何がビビったかってゆーと、パナの福澤にですよ。わたし、Vリーグでサーブがネットにすら届かない珍事、見たことがありません。実況をスルーしまくるけど温厚?な竹内さんにもディスられまくりでした。ほんと、1ミリも進化しない、人ってここまで変わらないんだってゆうお手本のような福澤。こんなのが代表の一枠に紛れているわけで。さらに試合後のクビアクのコメント。「今は言葉が見つからない」ですって....(哀)
Rioさん預言通り、クビアクがクソつまらないを通り越して不良化しないかとても心配です。清水はどうでもいいですけど、その交代要員が池田って.....。もうクビアク今村久原でフレッシュに切り替えた方が見ていて楽です。辛すぎます、地獄絵図再び、です。
安定の合成と東レ、しかし東レは何でこんなに強いのだろうと思ったのですが、セッターの藤井の功績が大きいのでは?と思い始めました。藤井、全試合通じて全然目立ちませんが/笑。ラリー中でも乱れない二段正確なBクイック、こういったタイプのセッターも意外といいかも、とファイナルで新発見でした。
堺は二敗ですが、チヂキが覚醒!!遅いよ!!合成戦2セット目は20点台の伊藤ハムのサーブミスが敗因でしょう、というかそもそも伊藤ハムってそんないいサーブ打ちます??ピンサにする意味がわからない。勝負勘ないですね真保監督。
高野君、代表呼ばれますかね?あの後半も落ちないジャンプ力とブロック力と高い守備力。とってもいい!石川と対角でもいいですし、ほんと成長してほしい選手です。堺には頑張ってほしかったなぁ。
ああ、そういえば山内ケガですってね、せっかくVりーがーを目指せるまで成長できたのに。

おそらく合成の二連覇か東レでしょう。
そうそう勝利者インタのイゴールのコメントがイケメンでした。
点を取るのが自分の仕事ですって!さすがイゴ様~。

by 恭介 (2017-02-21 21:09) 

rio

>あほーさん、えぬさん、恭介さん
半年もたって今さらなにをこっそり返信だとお思いでしょう・・・すみません。2016年末から異様にしっちゃかめっちゃかで気づいたら夏が終わりそうです。グラチャン男子が楽しみです。ガイチは元気でしょうか。厳禁でしょうか。
by rio (2017-09-07 00:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。