So-net無料ブログ作成

男子はタッちゃんやし、女子もマーくんでいっとく? [バレーボール]

全日本男女監督、やっときまりましたねえ。予定から1ヶ月以上もずれこんだくせに、「公募」とは名ばかりの出来レースぶり。公募前から、植田監督からは続投宣言、真鍋監督監督からは就任宣言…っぽい発言が出ていました。夢を見てうっかり応募してしまった方々が気の毒です。

植田続投は、この際どうでもよろしい。と言いたいところですが、少しだけ。

植田監督の2期目のノルマは、ロンドン五輪での予選突破…と言いたいところですが無理でしょうから、予選で2~3勝、ってところが妥当な線だと思います。ロンドン出場だけではノルマ達成とは言えません。五輪までの世界バレーとWカップで、4勝ずつぐらいはしておいてほしいですね。

とはいえ、北京五輪でチーム植田は崩壊し、またゼロからのスタートです。キャプテン荻野、レフティ山本、セッター朝長が抜け、センター松本は移籍問題がらみで招聘されない可能性大(←というか、「情」で全日本入りしたら、Vリーグの他の選手の反発は避けられないでしょう)。そんなわけで、全日本男子2009はかなり悲惨な結果に終わる気がします。仕方ありません。まずは監督自身が精神的に成長し、選手に慕われる指導者になってほしいと思います。

さて、問題の女子。真鍋監督については、決定前に「デンソーの達川監督を選んだ」(←時事通信の誤報)とされたり、「JVAが達川、実業団が真鍋を支持」と報じられるなど、早くも不協和音が聞こえています。なんかいろいろと妄想してしまいますねえ。

そもそも、「公募」がただのアリバイ作りだということは、最初から明らかでした。「国内外から自薦・他薦で応募を受け付ける」といいながら、JVAのホームページには、日本語のみで自薦の応募要項が掲載されただけ。はなっから、「外国人」と「他薦」はお呼びじゃなかったんですね。

さらに、締め切りまでに応募をしなかった柳本前監督について、JVAが勝手に選考に加える一幕も。応募しなかったんだから続投する意思がないと判断すべきなのにねえ。

なんだか、どこぞの政党の総裁選のようなイタい感じがびんびんです。JVAがなんで達川監督を推していたのか知る由もありませんが、柳本前監督と同世代ってあたりの年功序列的な発想だったとしたら…まあ、いまさら驚きもしませんが。

選手時代のセッター真鍋は、好きでも嫌いでもありませんでした。「堅実な人」というイメージ。勝つバレーよりも「負けないバレー」をする人、というか。監督になっても、どこかそんな感じが漂ってますね。柳本前監督が「目立つバレー」(=視聴率が取れるバレー)を5年間やったので、そのあとに堅実なバレーに振り子が振れるのは悪いことではないと思います。

ただ、全日本女子のいちばんの問題点は、監督の手腕以前に、自分のスタイルを押し通せないことです。柳本監督も2003年時点ではスタイルを貫き、ファンに大きな期待を抱かせて、ブームを起こしました。ところが、アテネ以降はあっという間にFIVB・JVA・テレビ局のトライアングルに押さえ込まれ、迷走→失速→惨敗。歴代の監督たちと同じ末路をたどってしまいました。

真鍋監督に、これを打ち破る手腕があるのか。というより、個人の力ではいかんともしがたいこの「負の連鎖」を、真鍋監督を推薦した実業団の面々が一致団結し、断ち切っていく覚悟と腕力(政治力)があるのか。そこに注目したいと思います。

世界バレー2010、Wカップ2011と、女子はいずれも日本開催。しかも、2011年には、政官財とマスコミが大同団結でゴリ押しした、あの「地デジ化」がやってきます。優良コンテンツである女子バレーの監督には、これまでにも増して、多方面からさまざまな圧力がかかってくることでしょう。

一方で、FIVBの会長がついに交代し、世界のバレー勢力図がどう塗り変わっていくか、未知数な部分もあります。お忘れかもしれませんが、JVAは理事に残間里江子を招聘しています。このことがバレー放送にどう影響するのかも未知数。さらには、世界的な金融恐慌・株安で、Vリーグの行く末も混沌…。

真鍋体制、たいへんな時期の船出です。こう書いてくると、やっぱりここは応援せねば、という気になってきました。なのでまず、応援したくなるコーチとセッターを選んで、期待を持たせてくださいm(_ _)m


nice!(2)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 36

Butch

バレーボールは苦手なんですが、
やるのは選手なんで発奮してほしいですねえ。

by Butch (2008-12-02 14:22) 

to

rioさん、お久しぶりです。

いきなり2件も連続で記事がアップされていて。これはコメントをせねばと。

真鍋さん、何はともあれ頑張って欲しいです。やはり期待はVの最大能力を出すことですね。そういえばマーくんでいくんですか?。田中マーくんと被るんで、私はマナティーがいいかと。
by to (2008-12-02 21:45) 

古都の侍

連投でこんばんはです。

あまりの悪政のときは「真鍋に学べん」はどうでしょうか(寒)。とりあえずは、「世界のナベマサ(仮)」、「マナベエ(仮)」、「鍋姫(仮)←姫路出身なので。篤姫とかけて」などはどうでしょうか。

達川氏就任のリークは恐らく、真鍋氏就任反対派の最後の一手だったのではないかと推測しております。私個人としても真鍋氏就任には肯定的立場ではありません。とりあえず就任するからには、秋山(NEC)を呼んできちんと教育して欲しいと思います。彼女はきとんとしたセッターの指導をできるコーチに学べばそれなりに伸びる素質があると思います。
こうなると次期キャプテンは狩野美雪でしょうか?とりあえず5日にあるはずの会見を待ちたいと思います。

植田JAPANは王将、銀将、飛車、香車が落ちたチームをどうやって再生するのか・・・それ以前にパニックによる恐怖政治を克服できるのか、今度こそ有能なコーチを呼べるのか、じぃじ(ドン・マツダイーラ)とおとうたん(大古)から脱却できるのか?

胃が重いバレー界です。


by 古都の侍 (2008-12-02 22:00) 

rio

>Butchさん、コメントありがとうございます。選手が力を100%発揮できる環境作りをしてほしいですね。
by rio (2008-12-02 22:15) 

rio

>toさん、長らくご無沙汰しておりました。ハゲ遺伝子の呪いをふりきり、復活を果たしつつある今日この頃です。

Vリーグが真鍋監督を推した以上、それぞれのチームで選手を叱咤激励し、目を世界に向かせてほしいですね。

テニスの伊達公子が、復帰して半年で全日本で優勝しました。その際にどこかのスポーツ記事で、「日本テニス界には、国内トップにいれば食べていけるという意識が蔓延している。だから伊達に勝てないんだ」と書いていました。

これって、そのまんまバレーにもあてはまりますよね。

「全日本代表として世界と戦って勝つ」ことが、再び「名誉」となるよう、JVAと実業団関係者は、選手以上に必死になって環境作りをしてほしいと思います。

ところで。真鍋監督って、苗字も名前もマーなんですよねえ。マーマー…だったら、最初から「まあまあ」みたいで景気悪いなあと。マナティを使い続けると定着するかも!?
by rio (2008-12-02 22:28) 

rio

>古都の侍さん、真鍋監督も一皮むけば関西のおっさん。そのうち何か面白いことを言い出しそうな気配はありますね。

世界で勝てば、「世界のナベマサ」と呼ばれる可能性大ですが、とりあえずロンドン五輪まで、本家のナベアツのほうが賞味期限を保てるかどうか微妙な気がします(怖)

とことん出来レース好き(というか、出来レースしかしようとしない)JVAですが、いちおう外国人の応募もあった、ということになってるんですよね。誰が応募したのか知りたいところです。

達川監督は28日に時事が「内定」の誤報を出し、結果落選。なぶりもの状態ですなあ。JVA執行部がリークしなければ時事は書かないわけで、そんな情報管理すらできない組織なんですね。人をなぶりものにすることをなんとも思わないんでしょうか。

植田のタッちゃんは、すでにパニクッてる可能性大ですね。。。ゴリ&ユキチが育ってきている点は明るい材料ですが、セッター&センター陣をどうするのか。それ以前に、大竹コーチをどうするのか。気になります。
by rio (2008-12-02 22:41) 

usausa7

こんばんは!

いやぁ~しかし、びっくりしました!
「男子:植田監督」「女子:達川監督」と新聞記事が出た数日後、唐突に「真鍋監督」ですからね~。

選考期間中どっかの記事にカプラーラも候補に入ってたという記事も見ましたが、結局「デキレース」ですか…。(いや実際はどうなんかわからんのですがね…。)

井上や横山、桜井といったデンソー勢は選出されるんですかね…。
こんなコケにされたら、出すの嫌でしょうな~。
真鍋監督は、当然復帰した山本を起用するんでしょうね…彼女の才能はまあ認めますが、ああいう事をする選手はちょっと…。

by usausa7 (2008-12-03 00:03) 

BON

デキレースと言えばデキレースですが、女子のポイントはセッターだったのではないでしょうか?
協会もプレミアチームも竹下選手では厳しいという判断の下、自チームで170台のセッターを起用している真鍋監督と達川監督に白羽の矢が立てられたのかなと思いました。

最初に名前を出されて落選した達川監督は気の毒でしたが、それでもここはもう一度プレミアチームが一致団結して、選手の召集や強化に協力してほしいと思いますね。
それと個人的には監督だけではなく、強化委員長の成田氏も交代すべきではないかと思います。
選手選考や召集に関しては、柳本監督以外に成田氏のプレミアチームとの調整に失敗した責任もあるでしょうから。
by BON (2008-12-03 09:04) 

rio

>usausa7さん、外国人で手を上げたのはカプラーラでしたか。

いまやFIVBお抱えバレーコラムニストのゾルジが、WGP2008で、当時、ロシア女子監督だったカプラーラのロシア批判を暴露してました。その結果かどうかは定かではありませんが、ロシア女子はチームがぜんぜんまとまらず、北京で惨敗。旧ソ連崩壊のごたごた時期をのぞき、はじめてメダルを逃したんですねえ。

そんな監督に手を出すほど、日本バレーはおちぶれていない。とJVAが思ったのかどうかは知りませんが、個人的には、カプラーラやボニッタではどうしようもないなと思っていたので、落選は妥当でしょうね。

2009年からは14人体制なので、選手選考はちょっと読めない部分がありますね。2人増えたうちの1人をリベロにするとしても、もう1人をどのポジションにするのか。監督の戦略と個性がはっきり出る局面だと思います。

ロンドン五輪を考えると、2012年に30歳前後になっている選手、というのが理想でしょうし、櫻井はちょっと難しいかもしれませんね。
by rio (2008-12-03 10:54) 

rio

>BONさん、月刊バレーボール12月号が、「倫敦娘発掘計画 第1巻 次世代司令塔を探せ!」という記事を掲載しています。

タイトルの痛い感じはさておき、月バレもやっと、世間並み(=ネットのバレー談義)を意識するようになってきたのかもしれません。とはいえ、Vリーグ各チームのセッターを並べただけの内容ですが。

月バレ=JVAの広報誌、という性格を考えれば、JVAが推しているのは、デンソー・横山とJT・河村ですね。記事のトップ写真がこの2人。さらに、チャートでも高評価をつけています。

ただ、JTの監督は”あの”テラマワリン。JVAとしては絶対に避けたいところだったのでは…ということで、達川監督、だったのかもしれません。あくまで勝手な想像です。

私は、JVA会長以下、役員を大幅入れ替えするところから始めるべきだと思っています。アテネ~北京までの4年間をふり返っただけでも、JVAの失態は数知れず。なのに、誰も明確な形で責任をとっていません。しわ寄せはすべて、ファンと選手・スタッフにきている惨状です。

優秀なソフトがあっても、ハードがぶっ壊れていたらどうしようもないですよね。修理できないほどにぶっ壊れているハードはさっさと捨てて、どこかから部品を調達してきて、自分たちで手作りしたほうがいいように思います。
by rio (2008-12-03 11:14) 

hat

 バレーボール全日本女子監督のリーク問題は、新監督:真鍋氏のチーム運営に支障が出ると思います。
 成績が下がったら、即、達川氏にスイッチ、というプレッシャーがかかるでしょう。それでは長期計画で2016東京五輪を目指す事が不可能になります。
 デンソー選手を選抜するしない、デンソー選手が全日本スタメン・サブのどちらになるか、選手側の辞退にあたって、ことごとくデンソーだから、という憶測が出るでしょう。

 正式発表前に、あれだけ各紙が報じたということは、有力な理事が選考結果をひっくり返すためにリークしたと想像できます。
 28日に達川氏の名前が出て、それを打ち消す発表が30日と、1日あいだが空いている混乱ぶりもひどい。違うならJVAが即座に訂正を申し入れるべきでしょう。

 JVAは、騒動の謝罪を、達川氏、真鍋氏、デンソー関係者にすべきだと考えます。
 新生:全日本女子が、すっきりスタートするためにも、ひとことスマン、と監督選考委員会の責任者が頭を下げるべきだと考えます。
by hat (2008-12-03 11:49) 

BON

月バレの記事は読んでなかったので知りませんでしたが、そういう視点で見ると東レの菅野監督が候補に挙がらないのは、やはり中道選手を正セッターに据えた采配が協会に拒絶されたのでしょうか?
もし、昨シーズン東レが大山未希選手で優勝していたら?
監督も含め、セッターの選考も様変わりしていたかもしれませんね。
月バレがJTの河村選手に着目しているというのも面白いと思います。
北京に行った河合選手ではなく、河村選手に。
by BON (2008-12-03 12:07) 

古都の侍

こんばんは。

モトコレで全日本監督問題が論じられてます。
全日本監督(http://ameblo.jp/motoko-oobayashi/entry-10172797775.html
続・全日本監督(http://ameblo.jp/motoko-oobayashi/entry-10172951458.html

カプラーラ報道は、11月初旬あたりに出た『number』だったと思います。
そのカプラーラ。「ロシア人は・・・」とか、「ロシアの協会は・・・」とか随分と批判をしていたと記憶しております。日本と比較して、日本は大変勤勉だがロシアは・・・とか言っていたようなインタビューがあったようにも覚えております。

一先ず女子の方は、テンパるセッターや、第3セットになると電池が切れ尚且つ小型守備重視選手なのに後衛で交代するというWSを代表に呼んだ時点でTHE・END。山本愛もずーっと精彩を欠いたままですし、今のままでは呼んでどうするのという選手だと私は思います。シーズンが終わるころに全盛期なみの活躍が出来るようになっているかどうか(私は厳しいと思います)がキーですね。

by 古都の侍 (2008-12-03 20:22) 

rio

>hatさん、いまの全日本では、「成績がさがったら」ということでの交代は、あまりないような気がします。

というのも、真鍋監督の任期中は、グラチャンも世界バレーもW杯も、ぜんぶ日本開催。とうぜん、開催国枠で無条件出場です。組み合わせ抽選も「抽選」とは名ばかりの”日本仕様”ですから、中途半端な順位ぐらいならとれてしまいますよね。

さらにW杯2007では、柳本前監督が、ロシア・中国抜きの大会にもかかわらず、史上最低の7位に終わってます。それでも「北京まで」という言葉通り、クビになることはありませんでした。

柳本前監督の3大大会は、世界バレー2006が6位、W杯が7位、北京五輪が予選突破、ですから、後任者のハードルはそれほど高くないと思います。

逆に言えば、↑この程度もできない監督なら、クビになるのは仕方ないですね。

監督が決まった以上、選手選考・起用は監督の専権事項です。いつもここに、いろいろな方面から横槍が入るから、いつまでたっても迷走し続けているわけで。デンソーファンはいろいろ言うかもしれませんが、それは誰が監督になっても同じことでしょうね。

↑この点に関しても、柳本前監督が「テンシンと心中」「サイドの控えなし」「守備的選手のピンチレシーバー」「高校生ルーキーセッター」などなど、さまざまな悪例を残しているので、後任者はむしろやりやすいと思います。

それはさておき、

リークの事実がどうだったのか知る由もありませんが、よくあるパターンでは、JVA幹部の中で、どうしても達川監督にしたい人がリークして、既定路線化しようとした、ってやつですね。

これが内閣の組閣人事だと、名前が出た人間を会えてはずして、違う人を据えるってこともありますが、JVAがそこまでやるメリットはないので…やっぱり、真鍋監督への流れをクーデター的につぶそうとした人がいるんでしょうねえ。

その辺で「しこり」が残ってしまうと、真鍋政権もまたもや迷走の気配濃厚ですね。JVAにいじめられ続けた全日本男子・テラマワリン政権のことが、どうしても頭をよぎってしまいます。まあ、あのころと比べて、ネット世論は比べ物にならないぐらい質量ともに充実してますから、うかつなことはできない(しない)でしょうが。

いちばんすっきりするのは、5日の会見でJVAがぜんぶ明らかにすることですね。ただねえ、今回のことはマスコミの「誤報」だけに、JVAが経緯を説明しても、マスコミが書かない恐れもあるんですよねえ。

そんなわけで、JVAはホームページで、なんでこんなごたごたしたのかを説明し、あとくされないようにケリをつけて、新体制の船出の環境整備をしてほしいです。
by rio (2008-12-04 01:49) 

rio

>BONさん、中道が全日本で正セッターに座ると…中道ファン以外のバレーファンは、ちょっとおさまりがつかないのではないかと思います。

竹下が正セッターとして通算6年ですか。その間、相手のレフトアタッカーが竹下の上から強打する場面をいやほど見せられてきましたからねえ。

例外的に、相手エースが竹下のブロックにぶつけてしまって調子を崩す、なんてこともありました。が、平均すれば、竹下が前衛のときに、上から3~4本/1セット、ぐらいは打たれてるんじゃないかと。

ただ、月バレの記事に関していえば、解説しているのが前田健。おそらく、チャートもマエケンの意向を反映したものになってるんでしょう(というか、チャートそのものが、視覚的な錯覚をおこさせるつくりです)。

高さ・スピード・経験・テクニックのバランスで、高評価なのが竹下と横山、その次ぐらいが、河村、河合、中道、船崎、岡野、あたりになってます。

そんなわけで、どこまで参考にしていいのか迷うところではあります。ちなみに大山妹は、このチャートでいくと「でかいだけ」という評価です。。。
by rio (2008-12-04 02:00) 

rio

>古都の侍さん、モトコさん情報、ありがとうございます。

熱く語ってますねえ。特にこれ↓

>今の政治・麻生政権
>
>潰そうと、それに命を懸けるより、決まったら
>今、何が出来るか少しは協力出来ないのか?
>支えられないのか?

なんでしょう、この一言。私、麻生の悪口書きまくってますが…なにか?しかし、命は懸けてませんが…なにか?

ボニッタ&カプラーラのせいで、イタリア人監督に対して、「結果が出せないと、選手と国と国民性を批判する」という先入観をもってしまいそうです。カプラーラのロシア批判は、人種問題になりそうなあたりまで踏み込んでしまって、けっこうやばいですよね。

まあ、ボニッタはポーランドを離れるときに、「二度と女子の監督はしない」と捨てゼリフを吐いたそうですし、カプラーラはどうするのか知りませんが、やれやれって感じです。

全日本の場合、女子はセンターよりもサイド、男子はサイドよりもセンターがポイントですよね。

山本愛がチームプレーの中で才能を開花させるだけのメンタリティを身につけているのなら(=精神的に成長しているのなら)、Vリーグでの結果がいまいちでも、呼んでおいて損はないと思います。しかし、全日本で第2の高橋のような存在になるのであれば…厳しいですね。

ただ、山本のバックアタックを完成させた上で荒木と対角を組ませると、5人のアタッカー全員がバックアタックを打てるチーム作りも可能になります。この辺は、戦略・戦術との兼ね合いですね。
by rio (2008-12-04 02:18) 

moody

こんにちは

 ご無沙汰しております。久々にコメントさせていただきます。

 いよいよ植田真鍋体制に決まりましたね。
 皆様ご指摘のように、悪の根源は監督より組織やらメディアなんで、監督が代わっても抜本的解決にはなりませんが、この両名が回りをいい意味で利用できるタイプだといいですね・・・って、たっちゃんもうダメじゃん!

 明日の記者会見は楽しみなんですが、私はどちらかというと明日は国籍法改正の方が心配で心配で。日本存亡の危機なんで・・。
by moody (2008-12-04 08:06) 

1992☆LOⅤE(ぷりぴん)

rioさん、お久しぶりです☆お元気でしたか?
ブログの更新状況から察するに、お仕事が一段落された様で…
(ハ〇確で撃沈されて浮上できないのかとチョット心配しておりました。)
 ↑moodyお兄様もお元気そうで(勝手にキメテマスガ…)何よりです。

やっと決まりましたね…と言うか、出来レースでしたけどねぇ。
バボチャンネル(フジ739)に出演されていた東洋の魔女の方は『今こそ外国人監督を招聘するなりして、革新しなきゃ駄目ですよ!!!』と熱弁されていたので、中にはそういう意見をお持ちの有力者の方も何名かはいらして、結論が長引いたのではないかとも思っています。

rioさんの所に諜報員のキモダメシ(パネルディスカッション)レポ提出がされているのかどうかは不明ですが、その時に植田監督が話されたチーム作りの方法と反省の弁を少しだけ記載致します。(KGB君ごめんね。)

監督のチーム作りは、まず中心選手(前回は荻野C)を決めてから、その人を中心にメンバーを構築していく方法だそうです。
もし自分が能力のある選手(数字?)だけを集めてチームを作っていたら、もっと勝つ事が出来たのではないかとも語っておりました。

またОQTの時が見ていてわかるようにチームは最高の仕上がりだったそうです。メンバーチェンジに関しては『やたらに交替させている訳じゃなく、ちゃんとデータを見て考えて決めているんですよ…』とも。
某巨大掲示板の『宇宙とインカムで交信』と言うコメントや、rioさんのブログを見ているんじゃないかと思うような発言がありましたよ。

オフ会…ではなく、続投された監督のお話の続きはパネルティ゙スカッション参加前に隣接ビルでWCを借りようとしたら、そのビルが農水省で拒否されたピチピチ諜報員クン(←ゲンキナノカナ?)にお任せ致します…と超高速トス!!!

Ⅴが開幕したので仕事をサボって…ではなく上手に調整して生観戦にハゲ見たいと思います。(ウフッ☆)
by 1992☆LOⅤE(ぷりぴん) (2008-12-04 10:55) 

rio

>moodyさん、たっちゃんはだめですか…orz

まあ確かに、JVAやテレビ局をむこうにまわして政治力を発揮するタイプじゃないですね。ただ、WLの決勝進出問題のときのように、スジの通らないことについては率直にものを言う破壊力は持っていると思います。それが、北京後の選手批判のときも発揮されて、チームを破壊してしまったわけですが(ダメ

国籍法改正については、産経新聞を中心に、主に右派が大騒ぎしてますね。私はそれほど大したことになるとは思ってません。なにか新しいことをするときは、必ず右派か左派のどちらかが”最悪の事態”だけを強調して大騒ぎするのが日本の特徴だからです。

ただ、国籍法改正についてはそれほど調べているわけではないので、うかつなことはいえません。最近、コメント欄でよく怒られるので(笑)。自重です。
by rio (2008-12-04 21:51) 

rio

>1992☆LOⅤE(ぷりぴん)さん、ついに1992年世代が女子でも監督ですね。といいつつも、真鍋監督はバルセロナには行ってませんが。

外国人監督をひっぱってくるとしたら、カプラーラじゃなく朗平がいいなあ。トルコに行ってしまって、さあたいへん!って感じです。全日本はただでさえ、トルコに苦戦続きなのに。

トルコは文明・文化の交差点であり続けている国。スタイルにこだわらないところが強みなはずです。そこに、アジア・ヨーロッパ・アメリカのバレーを知る朗平が行くわけで、しかも選手はみんな若くて伸び盛り。強くならないはずがないですよね。

いまの全日本は、ゲタをはかせてもらった上で、第2集団の真ん中あたりをうろうろ。ロンドンまでの4年間は、第1集団との差は埋まらないまま、第2集団でますます苦戦、って感じになるんじゃないかと思います。

植田監督は、確かにデータを見てるんでしょうね。W杯2007はパニック采配でしたが、2008年は、見てるんだろうなという感じは伝わってきました。ただ、データは見ればいいってもんじゃない、という大問題があるわけで(笑)。

「数字が悪いから代える」のは素人判断で、プロなら「数字が悪くなった原因を見極めて、代えるかどうか判断する」ってことを求められていると思います。植田監督は、北京でそれができていなかったように思いました。数字見て、焦ってぱっぱか代えていた感じ。

まあ、はじめてのナショナルチームで、なにもかもうまくいくわけはありません。OQTへのピーキングに成功しただけでも、評価していいと思います。

ただ、またしても「言い訳のタツ」のような具合で、いまさら選手選考を責任転嫁するのはだめですねえ。これだとまるで、荻野がリクエストした選手をいれたから負けた、とも取れてしまいますよね。

誰がなんと言おうと、決定権は監督にあるわけで。荻野が反対した山本を入れた、ということもあるわけですし、そこは言い訳しないでほしいと思います。

それにしてもKGBさん、トイレを断られるとは(笑)。農水省、ちょっとナメてますね。テロ対策だなんだとぬかしやがるんでしょうが、ふざけるなって話です。

そこはやっぱり、ぷりぴん姐さんが後見に立ち、

「なにぃっ!!税金で作った便所を納税者に貸せんやて!?ええいっ、KGB!!この場でまきちらしておやりっ!!!」

ぐらいの啖呵をきってほしかったです。
by rio (2008-12-04 22:22) 

カリメロ&パタリロ

はーい期待通りの出来レースぶりに何も感情の湧いてこない石鹸愛好家のカリメロです。JVAという組織は監督を興業主にさせてしまう組織なんですねー恐ろしや。来年から女子では栗原木村荒木が選ばれるのは分かるとして他はさっぱり分かりません。男子は素人の考えで可能かどうか分かりませんがリベロは置かず08年にもれた北島柴田谷村の守備重視で固めてセンターを後衛で石島に代えてバックアタックをバンバンを撃たせるのはどうでしょうか?センターはトミー&マツはお預けで、山本は当然来ないでしょうからゴリの成長次第、越川はピンサでチャンス。
by カリメロ&パタリロ (2008-12-04 23:47) 

カリメロ&パタリロ

すみません続きですm(__)m越川はどのぐらい回復するか解らないのでピンサ止まりで、センターは山村と東レ陣、セッターはウサミンが勿論本命でも辞退かな?阿部ちゃんに頑張ってもらうとして、あっユキチ忘れてた!ユキチはパナでレシーブ練習、という事で…。
by カリメロ&パタリロ (2008-12-04 23:57) 

hat

rio様,丁寧なレスを頂戴し恐縮です。
 なるほど柳本前監督は信任が厚かったんですね。(おそらくTV局からの。)日本のスポーツの場合、人気を盛り上げが、監督の仕事っていう、おそらくプロ野球由来の悪弊が行き渡っていますね。人気盛り上げは、監督の上司・フロント・事務方の仕事であるはずなのに、おかしな話ですね。

 すでにご存じの事と思いますが、rio様のリクエスト、「応援したくなるセッター」が、12月5日の記者会見で、どえらい事になってます。どないしましょ。
by hat (2008-12-06 10:18) 

rio

>カリメロ&パタリロさん、全日本は男女とも、まずセッターとキャプテンですねえ。

「背中で引っ張る」という言い訳のもとになにもしないキャプテン、ってのはもうやめてほしいですね。だからといって、チームメイトや監督の批判をぺらぺらとマスコミにしゃべるキャプテンもごめんです。

リベロを置かない、というのは、ちょっと考えにくいですね。リベロの控えを作る目的で14人制になるということもあります。が、それ以前に、リベロを無くすと、センターが後衛でサーブレシーブに入るか、3ローテだけレシーバーに代わるか、という選択肢になってしまいます。

センターを後衛で石島と代える、という起用は無いのではないかと思います。それなら、石島をセンターに戻して前後衛両方で使う、というほうがまだありえそうです…が、石島をセンターからサイドに変えたのは、植田・中垣内両監督ですから、元に戻すことはないんじゃないかと(全日本レベルのセンターがまったくいなければ別ですが)

越川はもったいないですねえ。正直、北京五輪までで比べれば、越川レベルかそれ以上のサイドは出てくると思います。ただ、越川は北京でケガするまで伸び盛りだったんですよね。試合ごとにうまくなっている印象がありました。女子・大山加奈とあわせ、焦らず素早く治してほしいと思います。
by rio (2008-12-06 14:03) 

rio

>hatさん、竹下をどうしても全日本に入れたいのなら、リベロですね。

リベロ竹下で2段トスを上げさせると、かなりの戦力になるんじゃないでしょうか。アンダーでも左右の平行に持っていけますし。ただ、個人的には、もう呼ばなくていいと思います。キャプテンシーがあるわけでもなく、2000年シドニー予選から比べてそれほどうまくなったわけでもないですし。

年齢的にはもちろんやれますが、竹下が年齢を重ねて円熟味が増す、ってことは、もうあまり期待できないように思います。むしろ、唯一の武器であるスピードが落ちてしまうでしょうね。

竹下があの身長でここまでやれたのは、20歳から経験を積ませてもらってきたから。逆に言えば、そこそこの素質をもった20歳のセッターを使い続ければ、そこそこのレベルにいく、ということですね。

真鍋監督の「堅実さ」が、悪いほう(保身とか守りとか弱気とか)に出ないことを願います。

余談ですが、植田監督は松本の召集確定のような口ぶりですよね。Vリーグ出場停止でも全日本入り、となると、普通に考えれば、そこまでセンターは人材が枯渇しているのか、という話になります。それも「不動のセンター」ならまだしも、松本は2007年にブレイクした”ルーキー”なのに。そんなことでいいんでしょうか。。。
by rio (2008-12-06 14:18) 

moody

こんにちは。ご返信ありがとうございます。

 久々の書き込みその2です。ずっと読ませてはもらっておりました。ありがとうございます。
 1992☆LOⅤE(ぷりぴん)さん、覚えていてくださって光栄です。いや、ホント嬉しいです。ちなみに、「+ぷりぴん」に改名されたのですね(^^)


 5日の記者会見、真鍋監督がまさかの竹下召集の可能性を示唆したため開いた口が塞がらず、そのまま広がり続けて「んぱぁ」って寄生獣みたいに顔が裂けるかと思いました。危ないところでした(笑)
 全国のバレー(を本気で愛する)ファンは、きっとがっかりしたのではないでしょうか・・・。

 hatさんとの会話に混ざって恐縮なのですが、rioさんのおっしゃるように、竹下をリベロとしてならばまだいいのですが、まーくんはセッターとして呼ぼうとしてるんじゃないかと思うと寒気がします。
 リベロっていうのはレシーブがうまけりゃいいってもんじゃないわけで、rioさんも佐野に散々コメントしてましたし。竹下が成田みたいにリベロとして才能を発揮してくれればいいのですが・・・。
 でも2大会セッターを経験したヒトがチームにいるっていうだけで、新セッターは心強いのかな?

 予想はしてましたが国籍法もあっさり改定されちゃうし、来年が見えない・・・。あ、ぼやきなので返信不要です。人様のブログで失礼しました~。


by moody (2008-12-06 18:15) 

hat

テンシンナベで新装開店、っていうのはどうでしょう(ヤケクソ)

 僕はスポーツの代表監督は、記者会見で選手起用について個別の選手名を出すべきではない、と考えています。以降のチーム運営が自縄自縛になるからです。
 Y前監督はテンシン中心を宣言して以降、2人が調子が悪くても外せなくなってしまいました。さらにセッターは代表に来てくれなくなりました。

 真鍋氏は、記者の誘導尋問があったのかもしれませんが、個別の選手名を出すべきではなかったと思います。「Vリーグでの活躍を見て自分のチーム構想に合う選手を選ぶ」と無難に言っておけば、みんなVリーグの試合を頑張ったと思います。
 Vリーグに出ていない竹下選手に確定報を打ってしまい、Vリーグを軽視したことにならないでしょうか?

 また「大きいセッターはいない」と言い切ってしまい、Vリーグ在籍の大型セッターを切り捨ててしまいました。久光のセッターが可哀想に思います。公式の場で無視されたのですから。(練習場で怒鳴られるのとは重みが違います。)デンソーのセッターも前年に準優勝したのに無視されました。

 「いない」とまで馬鹿にされて、竹下選手中心の代表チームに、レギュラーセッターを出すVチームがあるんでしょうか?僕は、ないと思います。
 選手個人にしたって、セッターに声をかけても「私はBチームの練習台」と来てくれないでしょう。前任者の二の舞です。

 リーグ戦で調子が良い選手を代表選出しろ、というのは、サッカーのセルジオ越後氏の持論です。熟成が必要なバレーボールにはあまりあてはまらないかもしれませんが、Vリーグでいくら活躍しても代表になれない、となったら、Vリーグはどうなるのでしょうか?バレーボール人気が低下するのじゃありませんか?

 男子代表のU監督も、やっちゃいましたね。確定報を4人に出しました。 

 rio様が御指摘の通り、松本選手はVに出れないのに選ばれました。目下開催中のVリーグで、ガンガン活躍しているセンターは、U監督にとっては、アウト・オブ・眼中な訳です。いざと言うときに来てくれるんでしょうか?
 あるいは最初の1年間は新人を使っても、結局ロンドンで4人組に回帰すると分かっていて、滝に打たれる苦しい代表合宿に来てくれるんでしょうか?
 U監督は、五輪切符を獲得して以降、無我夢中感を失ったと思います。残念です。
by hat (2008-12-08 11:26) 

rio

>hatさん、まったく同感です。

ほんと、監督たちは何を考えてるんでしょうねえ。”人心掌握”という言葉を知らないのでしょうか。

真鍋発言で気になるのは、Vリーグ会長にJT出身者が就任した件です。Vリーグの後押しで監督になったと報じられていることからしても、「竹下の代表入りをゴリ押し」といういやーな感じが漂ってきます。JTは竹下以外の「手ごま」がないですもんねえ。

男子・松本にしても、実力というよりは「情」ですよね。植田監督が見出して育てた側面は否定しません。が、松本がNECを飛び出して堺ブレへの移籍を強行したあたりに、植田~中垣内ラインの”なにか”があるんだろうなあ、なんて思ってしまいます。(Vリーグの移籍ルールが、いまだにきちんと確立されていないことも重要な問題ですが)

というわけで、男女とも、性懲りも無く、まだ迷走を続けそうです。自民党みたいですねえ。新体制の始動前から、ファンをこんなにげんなりさせてどうするんでしょうか。。。
by rio (2008-12-09 02:38) 

KGB

もう散々裏切られてきたので、多少の事ではガッカリしないKGBです。

マーくんの北京での解説者抜擢から、次期監督就任のニオイを感じていましたが、あの解説を聞いてると不安でいっぱいです(そりゃ、解説力≠監督力ではあるだろうけど)。

タッチャンに関しては例のレポを作成しながらずっとゲンナリですが(年内には完成予定…のはず…だと思…いたい)、同じ会場に居た、女子サッカーの佐々木監督の印象的な話を1つ。

予選で1敗1分で臨んだ格上のノルウェー戦。あの時取った戦術として、ボール奪取のコンセプトが、「ボールホルダーを中に追い込む」だったそうです。

セオリーなら「外へ追い込む」事で逃げ道をなくすのですが、当時のなでしこにはボランチに澤と池田というボール奪取能力の高い2人がいた。そこで、あえてセオリーとは逆に澤と池田の待つ中央へと追い込んでボールを奪い、縦の突破が売りの大野や近賀でサイドアタック&カウンターを仕掛ける。

なでしこのエース的存在である澤をボランチに置くという「世界の流れ」を取り入れつつ、現状のなでしこの人材を生かす戦術だと感じました。それに対してタッチャンは…。長くなるので今度にします。
by KGB (2008-12-10 17:59) 

hat

週刊朝日に監督真相記事
 女子代表監督の選考過程について、週刊朝日12月19日号(表紙は石原さとみ)に記事が出てます。米田元代表監督の告発を記事にまとめたものです。ぜひ読んでみてください。

 記事によると共同通信の第一報が正しくて、それを、ウソをついでまで、JVA幹部がひっくり返したそうです。

 公募にリーグが推薦したのは達川氏、真鍋氏にひっくり返ったことに監督たちは怒っているそうです。

 真鍋氏はコーチ資格試験にすらパスしていないそうです。

 私hatは前に、達川氏内定の報道はリークでは、と間違ったことを書き込みました。お詫びして、取り消します。

 ウソまでついて、スポンサー(久光)の御機嫌をうかがうJVAの態度が信じられません。こんな団体が子供たちを指導してるんですか?
by hat (2008-12-10 19:51) 

rio

>KGBさん、レポの件、プレッシャーに思わないでくださいね。ほんと、いつでもOKです。お忙しいでしょうに、すみません。

「それに対してタッチャンは…」。ああこわい…。その先の闇が見えてくるような気がします…。タッちゃん、データを見ることは知っていても、活用のしかたを知りませんからねえ。

そしてマーマーも…。本格始動前からこれだけぐちゃぐちゃになって、チームをまとめられるのか、という気がします。結局、「子飼い」しかついていかず、「○○と心中」の○○にあてはまる選手名が変わるだけになるのでは。。。
by rio (2008-12-11 15:21) 

rio

>hatさん、週刊朝日の米田発言のついて、記事でアップしましたので、よろしければご一読ください。
by rio (2008-12-11 15:22) 

hat

rio様詳細な解説をありがとうございます。遅くなりました。
 私hatも、代表監督を決める権限はJVAにあり、Vリーグの監督には無いと思います。なので、Vリーグ有志が推薦した監督と、JVAが選考した監督が違う結果には、問題がないと思います。
 そして記事執筆者の経歴は知りませんでした。また、rio様の詳細な解説で、週刊誌の告発記事の読み方を勉強させて頂きました。疎かったです。お礼申し上げます。

 自分が告発記事を読んで気になったのは、2点です。
1.Vリーグが推薦したのが真鍋氏という、説明がホントなのかウソなのか?
 選考責任はJVAにあるのだから、Vリーグの支持はどうでも、若返りなら若返りを理由に言い切ってしまえば良いでしょう。なんで、フラフラするのか、と思います。(もっとも若返りなら、なんでJVAが、応募しなかった柳本前監督を候補リストに追加していたのか、前後で矛盾があるように思います。)

 そして週刊朝日の記事や、サンスポ記事のように、Vリーグ支持が達川氏にあったのなら、Vリーグが真鍋氏を支持したっていう話はどこから出てきたんだ、と不思議に思います。もしJVAがウソをついているなら、子供たちにバレーボールを指導する団体が、そんなことをして良いのかと不審に思います。
(サンスポ12/5記事は、Vリーグ監督は達川氏支持も、協会が若返りで真鍋氏を選んだ。産経新聞11/30および12/1記事は逆で、Vが真鍋氏支持。)

2.資格の問題
自分も、資格証明書を提出って条件にあったはずと思いこんでました。
しかぁし!、rio様が御指摘の通り、公募要領に抜け道を作ってあったんですね。

 私は、「公募」したら、それなりに説明義務があるだろうに、と思います。説明する気がないのなら、最初から上層部一任で決めればいいのに、と思います。

 個人的には、そもそも、代表監督に「公募」は、協会の無責任、と思うからです。競技団体に、該当種目を強化する目的意識があって、その方向性に合致した人を代表監督にするものだ、と思うからです。

 僕は公募じゃなかったら、理由は説明しないで、真鍋氏でもありだと思います。(野球WBC監督が大会スポンサーである読売系列の原監督のように。) タダではスポーツはできないのですから。

 話がそれますが、大不況の今、Vリーグの各チームだって、いずれ存続が問題にもなってくるでしょう。
(個人的には、自動車競技のF1でホンダ撤退が衝撃でした。ちなみに、F1ドライバーは、本人の能力もさることながら、本人に有力スポンサーがついてるか、も選考要素になります。レースには金がかかりますから。)
by hat (2008-12-12 13:28) 

rio

>hatさん、長大な記事になってしまって、さぞ読みにくかったことと思います。すみません。

フジ・サンケイグループは、バレーボール関連で国内トップのメディアなのに、そこでさえ、産経新聞とサンスポで情報が混乱してるんですね。なにやってんだ!って感じです。

私も、hatさんの意見に同感です。ただでさえ(JVAの無能が原因で)ジリ貧だったバレーですが、アメリカ発の金融恐慌で、さらに苦しいことになりそうです。パイオニアやパナソニックなんか、本体のほうのニュースがあれこれ出ているのに、バレーにどこまで肩入れしてくれることやら…って感じですよね。NECも然り、です。

そんな中、久光製薬が大口のスポンサーであること、廃部が相次いだ時期の救世主であったこと(=貢献度が高い)、男子が植田監督なので、女子でも同世代にチャンスを与えてみること、などの理由で真鍋監督が選ばれたのなら、面白みはないですが、それなりのスジは通っていると思います。

結局、JVAはそういうふうにスジを通すアタマがなく、ふらふらした挙句に、つっこまれたらだんまりを決め込む、という、幼稚な組織なんですよね。これまでのさまざまな問題への対処も、すべて同じ態度をとり続けています。うんざりです。

今回の件、「女子強化部長ら」が職を賭して登場し、全過程を明らかにしていれば、状況はまったく違ったと思います。”米田”というブランド名を出して、ゲタを預けてしまうずるさ…これにもうんざりです。

女子バレーは、柳本時代の検証・反省からスタートするはずが、すでに完全にあさってのほうこうを向いてしまってますね。V会長はこれまた大口のJT。強引に竹下以下、選手を送り込んでくるでしょう。タバコ税の増税も回避したので強気です(たぶん)。

こうしたごたごたが、ファン離れを加速させることに、JVAはまだ気づかないんでしょうか。いやたぶん、気づいているのに、どうしていいかわからないんでしょうね。JVA執行部は、大半が「腰掛け」ですから、会長以下、誰も本気で責任をしょいこみたくないんでしょう。

FIVB会長が中国人になったことで、女子バレーの主舞台が中国となる。時代の変化に対応できないJVAと日本バレーは、現在の韓国のようにさらに地盤沈下する。そんなシナリオすら、見えてくる気がします。
by rio (2008-12-12 16:07) 

hat

rio様コメントありがとうございます。
 私hatの前のコメントを書き込む場所を間違えたことをお詫びします。米田記事の下に書くべきでした。

 素人なので過去の歴史を知らないので書きますが、存続問題ですが、金融危機の前には、何となく青ロケ赤ロケさんに覇気が感じられないでいました。
 そして金融危機の後に気になる親会社は、パイと車体ですね。パナはチーム成績が良いから維持するのではと勝手に想像してます。
(撤退のマイナス宣伝効果は結構大きいと思います。なので最後の手段だろうと思ってます。)

  F1ホンダの撤退は、「親会社の経営悪化+チーム成績の低迷(ていめい)=撤退(リストラ)」、でした。
 トヨタやルノーだって経営悪化しているはずなのに、F1継続を表明してます。ルノーは日本GPで優勝、トヨタも年間成績でそこそこ頑張っているからだと思います。
by hat (2008-12-13 12:04) 

rio

>hatさん、コメントの流れはお気になさらず。一箇所にまとまっていたほうが追いやすいというメリットもありますし。

トヨタに関しては先日、朝鮮日報が韓国の自動車産業と比較した分析記事を掲載していました。それによると、この金融危機で日米欧韓の自動車産業が危機に瀕しているなか、唯一、トヨタに関しては「チャンス到来」なんだそうです。

というのも、トヨタは手持ちの現金がしこたまあって、金融危機でも資産の目減りはそれほどでもないとのこと。さらに、エコ系の次世代自動車で世界トップを走っていて、金融危機でライバルがこければ、トヨタの独壇場になるという可能性もあるそうです。

ビッグ3が税金をつぎこまでれて一命をとりとめたとしても、そこからトヨタの背中を追いかけて、エコ系の開発に着手しなければ生き残れません(←エコ技術にはほとんど手をつけていないそうですね)。

それにしても、さすがトヨタ。良くない評判もしこたまあるものの、すごいなあと思わざるをえません。

それはさておき、撤退しないにしても、チーム予算が大幅に減らされることはありそうですよね。でも、選手もスタッフも(一部を除いて)中途半端にサラリーマンなので、自分たちで興行収入を伸ばそうという発想がなく、内輪もめに明け暮れる日々。自分たちが何を売る商売なのか、もう一度謙虚に考え直してほしいと思います。
by rio (2008-12-13 16:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。