So-net無料ブログ作成

W杯女子・韓国戦 竹下、トスワークをきっちり修正 [バレーボール]

いやはや白熱しましたね!アテネ五輪以後の日韓の力関係からいくと、ここまでもつれるとは思わなかった。ゾルジのコラムの流れでいくと、これぞ「アジアVSアジア」の戦い。最後は韓国が根負けした試合だった(試合終了直後にネット越しに荒木が突き飛ばされたような映像が…)。

勝ちを呼び込んだポイントは竹下のトスワークでしょう。

ドミニカ戦で、ライト平行やアンテナいっぱいまで伸ばすブロードを中心に組み立てて止められまくった反省があったのか(「サイドを我慢して使うべきだった」とコメントしてたし)、今回、ライト側はCクイックを中心の組み立て。これだと距離が短いので、竹下が上体をそらせることなく速いバックトスを上げられる。ただ、距離がない分、ブロックを交わすには速さ・高さが必要。ということで、庄司に替えて杉山のスタメンだったのでは。見事あたりましたねー。

また、セットの最初やタイムアウト明けの最初はこれまでずっと木村に上げていたけど、今回はBクイックを多用。センター攻撃を見せておいて、レフト、センターバック、と回してライトへのブロードという流れに変えた。そのために、ブロードへのマークが1セット目はけっこうついていたのに、2セット目以降から徐々に甘くなり、3、4セット目ではほぼやりたい放題。荒木・杉山の決定率は70%ぐらいあるんじゃないだろうか。

もちろんどんな作戦にも弱点はあるわけで、ライトへのマークがセンターとレフトに振り替えられると、高さの無い高橋が苦しい。1セット目はがっつりマークされてシャットアウトをくらい、フェイントも拾われ、2セット目も再三、シャットアウトをくらって散々だった。でも、2セット目の後のインターバルでしっかり修正してくるのがさすがベテラン。韓国の”ブロックアウトを警戒してブロックの手を下げる作戦”にもすぐに対応し、「コースにきっちり打てるからこそのブロックアウトなんだよ」と言わんばかりに、ブロックアウト狙いをやめてストレートに、クロスに打ちまくった。この辺りで、若い韓国チームは駆け引きに根負けでしたね。

ほかにも、荒木はネットプレーにしぶとさが出ていた。ブロックに跳んだあと、すぐに周りを見る余裕が出てきたのか。木村がいつにないテンション高い表情でアタックを打ち込んでいたのも驚き。これまでだと普通にオーバーハンドでつないでいたボールを、積極的にダイレクトで打ちにいっていたのが新鮮だった。柳本監督も動きましたね。4セット目でローテーションを一つ回して始める、多治見を高橋のワンポイントブロックで出す、最後は河合をピンチサーバーで起用するサービスも。

韓国は、粘りのプレーは戻ってきたものの最盛期のようなスピードがない。オープンとバックアタックの打ち合いでは互角でも、バリエーションと速さではまだ発展途上。ただ、高橋・荒木が見せるコンビ(高橋が打つと見せかけて荒木に上げる)とまったく同じプレーを見せるなど、かなり日本のプレーを意識して取り込んでいる様子。国内のプロ化が一段落し、選手が揃ってくると、再び”嫌な相手”として台頭しそう。

(追記)
実況はきょうの長坂哲夫アナのほうがいいっす。解説も的確で簡潔な大林のほうがいいっす。っていうか、三宅アナと川合のコンビはいらないっす。

長坂アナは中田の「ここはしっかり立て直して欲しいですね」といういつも通り意味のない解説(というよりただのコメント)に、「立て直すにはどうすればいいと思われますか」って感じで突っ込んでいた。素晴らしい!それでこそアナウンサー。

三宅アナはバラエティ(特に『ジャンクSPORTS』)のノリが出ていてうっとうしい。特に「(相手チームが)サーブをミスしてくれました」って具合の「~してくれました」口調はやめるべき。フジテレビが作り出した(言い出したのは三宅アナかも)「応援解説」なんて誰も求めてないんだってことにいい加減気づけよ。

カメラワークも向上していてOK。たぶん前回から導入されたはずのバボカメラ(バボショット?)は、今回は回数も時間も減らしているので許容範囲(前回はとてもうざかった)。一つだけ注文をつけるとすれば、副審側からの映像。視点がちょっと下過ぎると思う。画面真ん中のネットの割合が多すぎてみづらい。もうちょっと上から撮り下ろしたほうが見やすいと思うけど。

今回はジャニをそんなに映さず、ベンチワークの映像に時間を割いているのは好感が持てます。スポーツとしてのバレー中継を意識してるんだよ、というメッセージが感じられ、TBSとは違うな、と。

(おまけ)
結局、バレーボールゲーム買っちまいました(笑)。これを超えるバレーボールゲームのシステムはもう出ないんじゃないかと思うぐらいマニアック。協会公認、フジテレビ主導だけに、かなーり作りこんでいます。対戦データのチーム技術成績に「サーブ効果率」があったり、個人技術成績に「レセプションの効果値」があったり。選手の持つ特殊スキルに「見切り…ライン際の判定を100%正しくできる」というのがあるのには笑ってしまいました。

そして、なんといっても「実況・三宅アナ、解説・川合」。うざあああああい!特に、川合に「この点差はほぼ絶望的ですね」とか「こんなにサーブミスがあれば勝てません」って言われるとすんげーむかつく。絶対うまくなってやる…。


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 5

babo

昨日より興奮する試合でした。なるほど「木村のテンションが高かった」は、しっくりくるコメントですね。私も、今日は木村の集中力の高さに驚きました。こんな時彼女は、本当に天才的なプレーをしますね。
杉山の昨日の鬱憤を晴らすようなスピードにも良かった。センター線は何とか調子向上の兆しが見えて、一安心しました。それにしても、韓国も若手がすばらしいですね。全体のチームバランスが整えば、これからのアジア戦強敵になってきますね。

今日の勝利は一安心。ただ、チーム完成度が完全ではない状況での今後の戦いが心配です。ヨーロッパや南米にどれだけ通用するのでしょう・・・。個人的には、栗原が最終戦までもつかも心配です。連戦で古傷の影響が出ても、よっぽどのことがない限り交代させないような気もするし・・・それで、プレーの質が落ちたら日本は潰れそうで恐いです。本調子でない大山では役不足だろうし。

確かに実況は今日の方が良かったですね。個人的には中田久美さんの、セッター目線でのつい出てしまった発言が結構好きです。その後の展開が結構当たっていたりするので、やはりスゴイなと思います。
by babo (2007-11-03 23:13) 

madoka

rioさん、お久しぶりっす!
W杯、なんとなく見る気がしなくて(特にドミニカ、韓国が相手だと、もう見なくても大体予想できるような気がして…^^;)、裏のフィギュア見たりしてました(はい、わかってます、バレーファン失格です)。

今日、最後のほうをチラッと見た感じでは、確かに木村に変化が見えたような…。
今まで木村は、なんとなくフニャフニャした「天才ちゃん♪」っていうイメージで、“感性”でプレーするタイプの選手でしたが、プレーに明確な“意志”が感じられるようになってきたように思います。
もともと、ああ見えてけっこう精神的には強い選手なので(ひょっとしてニブイのか?って思うくらい…)、悩みすぎて自分を見失う先輩たちを見習わずに(笑)、すくすくと成長していってもらいたいものです。

それにしても、タイム中の柳本監督の「ナイス頑張り!ナイス頑張り!」はどうにかならないもんでしょうか?
聞いてて恥ずかしいんですけど…。
by madoka (2007-11-03 23:47) 

rio

>baboさん、コメントありがとうございます。

韓国は10代が主体ですもんね。故障者も多いようですが、北京の次を見据えてじっくり取り組んでほしいですね。日韓が中国のレベルになれば、バレー界の勢力地図も塗り変わってかなり面白くなると思います。

今後の展開は、きょう(4日)のセルビア戦である程度うらなえるのでは、と思っています。竹下のきょうのトスワークが通用するかどうか、そこにかかってますね。

>madokaさん、失格なんてことないですよ(笑)。わたしもたるいゲームの時はパソコンでほかのことしながら片目で見てます。

木村も21歳ですからねー。ドミニカといい、韓国といい、木村がデビューした年齢前後の選手がスタメンでばんばかやってるわけですし、うかうかしてられませんよね。4年前のメグ・カナの年齢よりも上になってしまったわけですし。

木村はたぶんプライドが相当高いと思うんですよね。積極的でも消極的でもなく、マンネリなプレーも同じミスもめったにしない。今後が楽しみです。

ショウちゃんの「ナイス頑張り!」は、世代の壁ということで大目にみてあげてください(笑)
by rio (2007-11-04 05:43) 

Nob

rioさん、こんにちは。
nobと申します。
rioさんの解説、フンフンと感心して読ませていただきました。
今日からのTV観戦がものすごーく、楽しみになりました。
by Nob (2007-11-04 11:10) 

rio

>Nobさん、コメントありがとうございます。

関係者がみると「好き勝手いってんじゃねーよ」といわれそうな主観バリバリの記事ですが(笑)。こんな視点から見るのはいかがでしょうか、と一つの可能性をプレゼンする気持ち書いております。余談ですが、私も研ナオコ、中島みゆき、中村中、好きです(笑)。
by rio (2007-11-04 15:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。